ド素人が投資を始めようと思った5つのきっかけ

数か月前から投資を始めました。投資信託と、個別銘柄への投資です。

始めたといっても、本腰入れて投資に取り組めていない状況です。

個別銘柄の株を買ったはいいものの、そのまま放置….。それも1銘柄しか買ってない。それって始めたって言えんの?

投資・資産運用のド素人が、投資を始めようと思ったきっかけと理由を、ド素人なりにまとめておきたいと思います。

以下の5つです。

1.結婚して資産のことを真面目に考えるようになった。

今年2月に結婚し、そのタイミングで奥さんと同居を始めました。

引っ越し、7月末の結婚式、やばい準備終わってない、11月の新婚旅行でお金が吹っ飛ぶことがわかり、真面目にお金と向き合わざるを得なくなりました。

そのころの僕は、会社に出入りしている生命保険営業のお姉さんから、勧められるがまま契約してしまったり、企業型確定拠出年金の仕組みがわかっていなかったり(というか確定拠出年金って何?)、マネーリテラシーが皆無でした。

奥さんに勉強を勧められて、勉強を始めることにしました。嫁は偉大。

2.普通預金だけだともったいないから。

素人が勉強を始めて、ただ預金するだけというのもリスクがあると考えるようになりました。

普通預金の金利はほぼゼロ。つまり今後インフレで物価上昇したときのリスクについていけない。勉強を始める前は、普通預金に利息がつくことすらよくわかってなかった。

3.流行っている

上で書いた通り、きっかけは結婚。

そのくらいの時期から仮想通貨が流行りだしました。また仮想通貨に限らず、ブロガー界隈でも投資を始めた人が多い気がします。

最近では個人の株を発行、トレードできるサービス「VALU」も流行ってますね。

本屋では投資関連の本を多く見かけるようになりました。

流行りの知識を身につけておけば、のちのち、役にに立つ気がしたので真面目に取り組んでみようかと。安易!

4.金融・経済の勉強になる

投資に取り組むと、自然と金融や経済について学ぶようになります。投資するためにニュースや世の中の流行りを積極的に知ろうとするようになります。

5.お金が増える

いやもうほんとこれ。いろいろ書きましたが投資してる理由はほぼこれ。お金ほしい。もちろん減るリスクもあります。株主優待券も魅力的。

企業応援という気持ちはまだない

株式投資は企業を応援するためのもの、という素晴らしい考え方があります。

考え方というか、それが投資の本来の目的だよね。が、ぶっちゃけ応援したいという気持ちはまだありません。てか応援するもなにも、世の企業のことをあまり知らない。

クソド素人が投資を始めようと思ったきっかけなんて金が欲しいからでしかない。金!金!金!

投資に慣れてきたら、応援したい企業が出てくる。と思うので、それまでは自分の儲けのために頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です