【コーヒー】ハリオ式(円すい型)ドリッパーを使ってみた




コーヒーが好きです。自分でハンドドリップしたコーヒーはもっと好きです。趣味と呼べるのか微妙なハマり具合ですが、ちょっと前からコーヒーのペーパードリップにハマってます。これまで器具にこだわりがなかったのですが、ずっと使っていたカルディのドリッパーに飽きてきたので新しいドリッパーを買うことにしました。

カルディオリジナル コーヒードリッパー(プラスティック) 1個

created byRinker

カルディのオリジナルドリッパーは軽くて使いやすかったですが、せっかくなので違うタイプのドリッパーを選んでみました。今日はドリッパーの種類を簡単に解説しつつ、購入したドリッパーを紹介します。

ドリッパーの主な種類

ドリッパーのメジャーなメーカーは「カリタ」「メリタ」「ハリオ」「コーノ」の4つあり、それぞれ形状に特徴があります。

  • カリタ:台形、穴3つ
  • メリタ:台形、穴1つ
  • ハリオ:円すい、穴1つ、リブ(溝)が全体に入っている
  • コーノ:円すい、穴1つ、リブ(溝)が下部にしかない

台形はお湯が落ちづらいので、酸味の少ない味になりやすいく、逆に円すいは落ちやすいので苦味のある味になります。同じように、穴が少ない、または小さいとがお湯が落ちづらいので、酸味の少ない味になりやすいとなります。

ドリッパーの材質による違い

形状や穴の数による味の違いは上記の通りですが、そのほかのドリッパーの特徴として「材質」があります。主な材質としては「樹脂製」「陶器製」「磁器製」「ステンレス製」「銅製」「ガラス製」などがあります。 

材質によってお湯の温度が変わるため、味にも影響があるようですが、素人の僕にはそこまで違いがわかりません。味の違いはわかりませんが、これまで使っていたカルディのドリッパーがプラスチック製だったので、今回はなんとなく高級感を感じる陶器製のドリッパーを購入してみました! 

HARIO V60 (陶器製)を購入

購入したのはHARIOの定番ドリッパーV60です。ハリオは日本のメーカーですが、このドリッパーは海外でも人気があるようです。プラスチック製に比べて重みがあり、使っていてテンションが上がります。実際にドリップしてみると、穴はひとつですが大き目で円すい型なのでお湯が落ちるのが早いように感じました。

ドリッパーは見た目の好みで選んでもいいと思う

僕のようなドリップ初心者は「テンションがあがるかどうか」で器具を選ぶのがいいと思っています。好みの器具で大好きなコーヒーを楽しむ。こんなに幸せなことはありません。徐々に味にもこだわっていきたいです。

お読みいただきありがとうございました。