お金に困らない時代が来るらしいんだが、だからといって幸せになるとは限らない。


イケダハヤトさんが言うには、お金に困らない時代が来るらしい。

もし宝くじで3億円手に入れたら幸せになれるか?

こんな時代が来るのなら僕は仕事を辞めたいが、残念ながら今辞めたらお金に困ってしまう。仕事辞めたい、と思っているのは僕だけではないはず。辞めたい辞めたいと愚痴ばっかり言って、やめられないのは僕だけではないはず。

辞めない言い訳のひとつは、やはりお金だと思う。仕事を辞めれば収入がなくなり、生きていけなくなる。自分だけならまだしも、家族はどうするんだ……

じゃあもし宝クジに当たって、3億円を手にすることができたら?サラリーマンの生涯収入は3億円とか言われてるから、そうだとすればお金の心配は一切無くなるね。

3億円を少しずつ切り崩して生活するという鋼鉄の精神力を持っている人はこの宝くじだけで生きていける。そんな人いないと思うけど。

切り崩すのではなく、3億円を運用に回し年3%で運用できたとしたらそれだけで年収900万である。僕の今の年収の約2倍。

万に一つ、今日いきなり宝クジに当選し、この生活を手に入れたら僕は幸せなれるのだろうか?宝クジに当たったことを聞きつけられて、人生崩壊する人がいるらしいが、そのことは今回は考慮しない。

結論としては、お金だけでは幸せになれないと思う。

幸せになれない自信がある。

お金があっても幸せになれる気がしない

何もしなくても年収900万。夢のような話である。なのになぜ幸せになれないのか?

いきなりこんな生活を手に入れたら、くっそダラけると思う。で、なんのやりがいも生きがいもなく、なんで生きてるんだろう?みたいな感じで腐っていくと思うからだ。

僕の大学時代は多少バイトしていたものの、まあ暇だった。実家暮らしなので生活費の心配はしなくて良かった。大学時代はまあ楽しかったが、幸せだったか?というと自信がない。

特段やりたいこともなく、信念もなく、友達と飲みに行ったり、一日中格ゲーしたり、単位を落とさない程度に勉強したり。「楽だったけど、幸せではなかった。」僕は惰性で生きていた。

本当にお金に困らない時代が来るなら、このままではマズイ。お金に困らない時代は夢のように思えるけど、むしろ焦りを感じた。その時代に備えて、行動を起こさないといけない。

とりあえず、宝クジは買わないことにする。

おしまい。