フケ対策にはホホバオイルの「シャンプー混ぜ」が圧倒的オススメ!

2018年1月21日

フケに悩まされるようになってどのくらい経つだろうか…

 

どれだけシャンプーリンスしても効果はなく、むしろシャンプーがするのが良くないと聞いてお湯だけでやさ~しく洗っても一向にフケが減ることはなかった

 

しかし!先日の旅行先オーストラリアで見つけた「ホホバオイル」によってついにこの悩みが解消されたのです…!

 

フケの原因は?どのくらいの症状か?

どのくらいフケがひどいかと言うと、髪を少し掻き上げるだけで、雪のごとく舞い散るほどです。なんなら何もしなくても、鏡を見て髪の中にフケがあるのがわかるくらいです。

 

夏はまだいいんですが、特に冬は本当にひどい。フケの原因は乾燥と言われていて、乾燥する冬は特にひどいのです。

 

ネット上で紹介されているフケ対策は一通り試してみました。使っているシャンプーを変えてみる、枕カバーを頻繁に洗う(嫁よ…いつもありがとう…)、風呂上りに髪をしっかり乾かす…など

 

しかし大きな効果は見られませんでした。今年もフケをまき散らして冬を過ごすことになるのか。オーマイガー。と思っていたときに出会ったのがホホバオイルだったのです!

 

オーストラリアで多く使われているホホバオイル

僕がホホバオイルと出会ったのは、オーストラリアのバスの中。ある旅行ツアーに参加していたのですが、日本人のバスガイドさんが、おすすめのお土産として紹介してくれたのです。

 

オーストラリアって、めっちゃ乾燥しているんですって。実際、滞在中は肌がパサパサになりました。現地の日本人の方も言ってましたけど、ニベアをいくら塗っても効果がないらしいです笑

 

そこで現地の方が使っているのがホホバオイル!ホホバオイルが何物かっていう説明は他サイトにお任せするとして、フケを解消した僕の使い方を紹介したいと思います。

 

ちなみに世の中には精製されたホホバオイル(透明)と未精製のホホバオイル(金色)があります。オーストラリアでは未精製のものが使われていて、こちらの方が質が良いと言われています。その分値段も高いですが。オーストラリア現地では、Amazonより安く売ってました。

精製済のホホバオイルは、無印良品で売っています。

 

おススメの使い方

シャンプーに混ぜて使う

シャンプーに混ぜて使うのがおススメ。混ぜていつも通りにシャンプーするだけです。僕はこの使い方でフケがほとんど発生しなくなりました!短髪の方であれば、量は1滴で十分です。髪が長い方は2滴〜3滴使ってもいいかもしれません。

 

風呂上りに髪につけるのも推奨されているが

風呂上がりに髪に直接つける方法も推奨されています。ですが、僕はこれだけではフケ防止には効果がありませんでした。(ヘアケアとして使うのは良いと思います)フケを防止するにはシャンプー混ぜがおススメ!

 

全身に使えるホホバオイルは圧倒的おすすめ!

ホホバオイルは髪だけではなく、顔を含め全身に使うことができます。乾燥肌に悩んでいる方は是非使ってみてください!

未精製のホホバオイルはちょっと高いですが、精製済みのものでも効果があるので試しに使ってみてはいかがでしょうか。