【飲料水の節約】「1リットル4.5円」でおいしい水が飲める水筒

2018年9月8日おすすめアイテムの紹介

東京のような都市部に住んでいると、水道水を直接飲むのは抵抗がある人は多いですよね。僕も抵抗がある派でして、飲料水は購入するようにしています。

とはいえ出費はできるだけ削りたい。そこでBRITA(ブリタ)の製品「fill & go」を購入し、飲料水代を節約することにしました。fill & goは「カートリッジで浄水する水筒」です。

少々気になる点はあるものの、お金の節約はもちろんのこと水を持ち運びしなくて良いといったメリットがあり、非常に満足しています。メリット、デメリットをまとめておくと、以下の通りです。

メリット
・ペットボトルなどのゴミが出ない
・飲料水代が節約できる
・外出先で水を補充できる

デメリット
・飲みずらい
・見た目が微妙…

「飲料水を外出先で購入しているけど、少しでも出費を節約したい」という人には検討の価値がある商品です。

BRITA 『fill & go』ってなに?

fill & goは、専用のフィルターカートリッジをボトルに装着することで浄水をする水筒です。ボトルの上部にカートリッジを装着し、飲む際に水がカートリッジを通過することで「浄水された水」が口に入ってくるという仕組みになっています。

BRITA公式サイトより

フィルターカートリッジは「マイクロディスク」と呼ばれていて、水がこのマイクロディスクを通過することで浄水します。公式サイトによると、ミネラル分は残し、味や匂いに影響する9つの物質を除去するとあります。

  • 遊離残留塩素
  • 2-MIB(かび臭)
  • テトラクロロエチレン
  • ブロモジクロロメタン
  • ブロモホルム
  • 総トリハロメタン
  • CAT
  • トリクロロエチレン
  • ジブロモクロロエタン

ほとんど聞いたことのない物質ばかりですが、要は「ミネラル以外の余計な物質を取り除いて美味しくする」ってことですね。

#* 1 *#Lあたりの費用は驚異の4.5円

これまでは飲料水としてAmazonでクリスタルカイザー500mlを箱買いしていました。お値段は1本あたり約50円でして、コンビニなどで買うよりは安かったです。

対してfill & goはの浄水カートリッジは150Lまで使用できるとあります。1Lあたりの費用は約4.5円。やっす!

これまでクリスタルカイザーを500mlあたり50円で購入していたのが、fill & goを使うことで水代が20分の1になりますね。これはすごい…

『fill & go』の使用感レビュー

もろもろの感想を述べていきます。

実際のところ、500mlあたり20円程度です(飲む量による)

記事タイトル詐欺っぽくなってしまうんですが、1Lあたり4.5円というのは実態からすると正確ではありません。

カートリッジは150Lまで使える!ということを全面にアピールしてますが、カートリッジには使用期限があり、「4週間まで」となっています。150Lまで使い切れなくても、4週間経ったら交換してね、ということです。

つまり4週間で150L飲めたら1Lあたり1Lあたり4.5円というコスパが実現できるわけですけど、その場合1日5L飲む計算になります。5Lて…。普通の会社員であれば、めちゃくちゃ飲んだとしても1日2Lくらいじゃないか…

僕は1日500ml~1Lくらい飲むので1ヵ月で15L~30Lほど。費用としては1Lあたり22.5円~27円になります。これでもペットボトルで買うよりは安いですね。

  • 1日に5L飲む →  約4.5円/リットル
  • 1日に1L飲む →  約22.5円/リットル
  • 1日に500ml飲む →  約27円/リットル

極端な話、1日200mlしか飲まないとすると50円のペットボトルとほぼ変わらなくなってきます。この辺りはご自分の飲む量やそのほかのメリットを考慮してみて購入を検討してみて下さい。

外出先で水を補充できます

fill & go本体に装着したカートリッジで浄水するという仕組みなので、家で水を入れていく必要がありません。

これまで僕は500mlのペットボトル2本をカバンに入れて会社に持っていってました。1Kgはなかなかの重量です。fill & goなら会社の給湯室で水を入れればそれで済んでしまいます。

また、水が足りなくなっても後から補充できるのも良いですね。

お手入れがラクです

写真のように、水を入れるボトル部分、フタ、カートリッジを装着する部分が分かれるようになっているので、洗うのは簡単です。捨てるだけでよいペットボトルに比べたら洗う手間がかかってしまうので、まあ面倒っちゃ面倒なんですが笑

ちなみに食器洗浄器の使用は可能とのことです。

正直飲みずらいです

Amazonのレビューでは、「水が出てこない!空気を半分飲んでる感覚!」という感想が目立っていました。これは僕も実感したんですが、飲み口をしっかり開けると解消されることがわかりました。

下の写真のように飲み口をしっかり上に持ち上げます。

ですが、いざ飲もうとすると飲み口が下がってしまうのでうまく水が出てきません。飲むときに飲み口を手で引っ張りながら飲むとうまく飲めます。これは正直、イケてない…。

今回僕はfill & goの通常モデルを購入したんですが、「fill & go active」というモデルもありまして、そちらだとボトル部分が柔らかい素材になっているので水を押し出して飲んだり、コップに注いでから飲むことができるそうです。正直、そちらを買えばよかったと後悔しております。。。

見た目が派手、サイズが大きいです

fill & goの容量は600mlで、けっこうデカイです。足りなくなったら継ぎ足せるという特性がせっかくあるので、もう1サイズ小さいモデルがあればいいのになあといったところ。

また色はピンク、ブルー、ライム、パープルと4色ありますが、どれも派手なんですよね。個人的には落ち着いた色がよくて、黒とかあればよかったのになあ。

飲料水代を節約したい人におすすめ

一番気になったのは飲みずらさ。ですが飲料水代の圧倒的な節約、持ち運びの手軽さといったメリットを考えると、購入してよかったです。

(上で書いた通り、買うなら「fill & go active」がおすすめですよ…)

今日のひとこと
フリーランスになるにあたって、お金の管理はしっかりしていきたいと思っています。無駄な出費を減らすことは特に強く意識していきたいですね。

Posted by たてひと