弱みを受け入れて無理に押さえ込まないようにしよう【ストレングスファインダー資質分析】


『ストレングスファインダー』はその名の通り、自分の「強み」を見つけるための才能診断ツールです。「自分の弱みを改善するよりも、自分の強みを意識して活かすことで最大の能力を発揮する」という考えのもと開発されました。

ただし、公式でも語られていることですがストレングスファインダーで診断されるのは「資質」であって、それは強みにも弱みにもなり得ます。自分の資質を強みとしてだけでなく、弱みとしても意識することで見えてくるものが違ってきます。

今日は、僕の診断結果をもとに「資質の弱み」との付き合い方を考えてみます。

ストレングスファインダー34の資質

上図が僕の診断結果です。ストレングスファインダーには4つの領域(実行力・影響力・人間関係構築力・戦略的思考力)がありまして、領域ごとに分類されているのですが…

※上図は【無料配布】ストレングスファインダーの34資質分類シートを利用させていただきました!

見て分かる通り、上位資質のほとんどが「人間関係構築力」となってますね。反対に何にも考えてないところがあるので戦略性とか着想とかが下位にきているのも頷けます。

資質トップ5はオートスキル

上位5つの資質は「オートスキル」だと言われています。自分が全く意識しなくても、発揮される資質ということです。むしろ、意識して押さえ込もうとしても押さえることができない、常時発揮される資質です。

僕の場合は上から「調和性」「共感性」「最上志向」「適応性」「自我」ですね。それぞれの資質について簡単に説明すると、下記になります。

  • 【調和性】同意点を求める。衝突から得られるものはないと考えているため、争いを最小限にしようとする。他の人が主張しているとき、沈黙を守る。
  • 【共感性】周囲の人の感情を察することができる。人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けをする。
  • 【最上志向】平均以上に優秀であろうとする。一旦強みを発見すると、それを伸ばし、さらに優秀であろうとする。
  • 【適応性】いまこの瞬間が最も重要だと考える。将来は自分の選択によって変わる。その時々の状況に対応することが得意。
  • 【自我】意義のある人間として他人の目に映りたいと考えている。承認してほしい。知られたい。成功している人として、尊敬を受けたいと感じている。

診断結果から見える資質の弱み

さて、今回のテーマである「資質の弱み」についてです。僕は上位5つの資質のうち、特に「調和性」「自我」はマイナスの資質だと捉えていました。

調和性のマイナスポイント→言いたいことを言えない

調和性の資質を持っている人は争いごとを避ける傾向にあります。これは強く自覚していまして、周りの人が争っていると、どうやってその場を収めるか、それに意識を向けがちなんですね。だから僕は打ち合わせや会議が苦手なのかもしれません。争いを始めると、打ち合わせの本来の目的よりもその場を収めることに目が向いてしまうんです。

また、周囲に流されやすく、言いたいことが言えない性格であるとも自覚しています。僕の場合は共感性の資質も上位に来ているので、余計に人の気持ちを考えてしまうんですよね。相手を傷つけていないかとかだとか…。

自我のマイナスポイント→行動力がないのに認められたい

自我のマイナスポイントは「行動力がないくせに、認められたい」ということだと思ってます。僕の診断結果では、「実行力」領域の資質が上位にありません。

実行力領域(緑)はほとんど10位以下。意識して利用できる資質は10位までと言われていますが、唯一10位以内に入っているのが「慎重さ」という…。自覚もありますが、僕は実行力や行動力が低い方です。

実行力がないくせに、自我や最上志向が上位資質であるために「理想は高いけど行動できない」状態になりがちです。思い当たる節はめちゃめちゃあります…。

資質を押さえ込まず弱みを自覚しておくこと

資質の弱みとの付き合い方

「無理に資質を押さえ込まないこと」です。

たとえば僕の「調和性×共感性」のマイナスポイントは言いたいことが言えないこと。この弱みを自覚しておけば、言いたいことが言えなくなってしまったときに「しまった、資質が強く出てる!」と認識することで逆にきちんと言いたいことが言えることがあるんですね。

上位5資質はオートスキルなので、「言いたいことを言えなくなる」という状態を防止するのは不可能だと割り切り、資質が強く出てしまったときにそれを認識することが、資質の弱みとのうまい付き合い方だと思います。

はじめから資質を押さえ込もうとしてしまうと、資質のマイナスポイントが発現した時点で「なんて自分はダメなやつなんだ。また弱みが出てしまった」と自己嫌悪にも陥りかねません。というか、以前の僕がそうでした。

今日のひとこと
弱みを受け入れることが強さを手に入れる第一歩です。弱みは決して悪いものではありません。弱みを受け入れている人の方がパフォーマンスが上がるという研究結果もあるそうです。弱さを感じる人ほど強いということを肝に命じておきたいです。