【アップルウォッチ版】ポケモンGOアプリの使い方と便利なポイント

最近、フレンド機能が実装されたポケモンGO。ポケモンが出現したときやポケストップを回収するたびにスマホを取り出すのがめんどくさいですよね!いちいちスマホを取り出すものだから、一緒にいる彼氏彼女に怒られちゃったり、そんな人は多いのではないでしょうか。

僕もそうで、スマホを取り出すのが面倒でポケモンGOを辞めてしまったひとりです。ですが、アップルウォッチでポケモンGOアプリを使って遊んでみたらこれがめちゃめちゃ便利でした!

スマホを取り出す必要がないのでスマホいじりすぎで怒られることがありません!今回は、アップルウォッチ版のポケモンGOアプリの使い方と便利な点を紹介していきます!

アップルウォッチ版ポケモンGOアプリの使い方

ポケモンGOアプリを起動し、「開始」ボタンを押すとスマホのポケモンGOアプリと連動が開始します。

注意!

開始するにはスマホのポケモンGOアプリを起動しておく必要があります。バックグラウンド起動で問題ありません。

モンスターボールのアイコンがポケモンGOのアプリです。かわいい。

アプリを起動したら「開始」をタップします。タマゴの情報やプレイヤーレベルの情報も表示されています。

続いて、開始後の各画面の解説をしていきます。

メイン画面

メインの画面はこちら。

表示されている情報は以下の通り。

  • (左上)アプリを起動してから歩いた距離・時間・消費カロリー
  • (右上)相棒ポケモンと一緒に歩いた距離(赤いゲージ)・孵化中のタマゴの数
  • (下)近くにいるポケモン

設定画面

ポケモンGOアプリでは近くにポケモンが出現したとき、また近くにポケストップがあるときに振動で通知をしてくれます。

設定画面では、それぞれの通知設定をすることができます。どちらもONにして都内などを歩くと通知がめちゃめちゃ来るので、ポケモンを捕まえるつもりがない場合などはOFFにしておくといいでしょう!

タマゴ画面

タマゴ画面では孵化中のタマゴの情報を見ることができます。タマゴが孵化したときは通知がくるようになっていますので、無駄なく孵化させることができます。

アップルウォッチ版アプリの便利なポイント

僕が思う便利なポイントはこちら。

  • スマホを取り出さずにポケストップの回収ができる
  • 近くにいるポケモンがわかる
  • 同時に運動量がわかる

スマホを取り出さずにポケストップの回収ができる

かなり便利です。ポケストップの通知をONにしていると、以下の左の画像のように通知がきます。そして右の画像のように、アップルウォッチ上でポケストップの回収をすることができるんですね。

いちいちスマホを取り出してポケストップをタップして…という作業をカットできるので、ポケストップの回収が捗ります!またポケストップが復活したタイミングでも通知してくれるので、カフェなど同じ場所に居続けるときも通知してくれるのは非常にありがたいです。

近くにいるポケモンがわかる

ポケモンの通知をONにして入れば近くにポケモンが出現したときに通知を受け取れます。またメイン画面でも近くにいるポケモンを知ることができます。さすがにアップルウォッチ上で捕まえることはできないので、捕まえたいポケモンがいたときだけスマホを開いてポケモンを捕まえましょう!

運動量がわかる

アップルウォッチのポケモンGOアプリを終了すると、サマリーが表示されます。アプリ開始から終了までの結果です。

歩いた距離、時間、消費カロリー、歩数など。運動不足解消も同時に意識できるのはいいですね。また右の画像のように、アプリ終了までに入手した道具の数を知ることもできます。

こちらの記事もおすすめです!

『Apple Watch Series3』を3日使ってみた!通知を手元で確認できるのでiPhoneの使用頻度が減りました。

アップルウォッチの充電時間とおすすめのタイミング【Apple Watch】

今日のひとこと
すごく便利なんですが、当然ながら電池の消耗が大きくなるのでやりすぎには注意です。秋にはポケモンGOと連携できる新作ポケモンが発売されるので、ポケモンGOも楽しんでプレイしていきます!