座りっぱなし防止アプリ「Standland」がおすすめ!


座りっぱなしは体によくないそうです。

例えばガンになりやすいだとか、腰痛になるだとか、血の巡りが悪くなって脳卒中なるだとか。本当かどうかわかりませんが、一日中座りっぱなしだと体調が悪くなることは僕も日頃から実感しています。

とはいっても1日にどれだけ座ってるかってイマイチピンと来ないですよね。仕事に集中してるとなおさらです。

1日の立ち上がった頻度を計測してくれるスマホアプリを使ってまして、ビジュアルが可愛くてオススメなので紹介します。

Standland

Standland

Flask LLP無料posted withアプリーチ

座りっぱなしの生活

エンジニアという職業柄、座っていることが多いです。フリーになってからは打ち合わせの回数が激減したので、仕事中はほぼ座りっぱなし。

家にいるときも、スプラトゥーンがやめられなくて座りっぱなしのときがあります。先日はトイレにもほとんど行かず、一日中スプラトゥーンをやっていて、アップルウォッチの歩数計がたったの100歩でした。やばば。

iPhone標準アプリで計測してくれる

iPhoneやアップルウォッチには、「1日に何回立ち上がったか」を計測してくれる機能が標準で付いています。正確に言うと「1時間あたり1回以上立ち上がったら1カウント」です。つまり1日最大24カウント。

↑こんな感じで、統計を取ってくれます。iPhone標準アプリの「ヘルスケア」で確認できます。当然ですがiPhoneを持たずに何度立ち上がっても計測されませんので注意。

アップルウォッチなら常に身につけてるので、より正確に計測できます!

>> 『Apple Watch Series3』を3日使ってみた!通知を手元で確認できるのでiPhoneの使用頻度が減りました。

「Standland」が可愛いビジュアルでおすすめ

このようにiPhone標準アプリのヘルスケアでも計測できますが、「Standland」というアプリがおすすめです。キャラクターが可愛いらしく、また達成度に応じてキャラクターが増えたり、模様替えができるアプリです。

最近の早起きのおかげで、「ひよこ」をゲットしました!やったぜ!かわいい!使い続けたおかげで、残りは3キャラクターになりました。

このようにキャラクターをゲットするために立ち上がることを意識するようになるので、ゲーム感覚で座りっぱなしを防止できます。

ちなみに、回数のカウント方法はヘルスケアと同じです。

↑こんな感じで設定画面でゲットしたキャラクターを変更したり、ランド(背景)を変更したりできます。

レポート機能もあります。前週比、前月比の達成度を教えてくれるのが地味に良い。あとヒヨコかわいい。

アップルウォッチ対応

「Standland」はアップルウォッチに対応しています。

アップルウォッチには立ち上がるように促してくれるアラーム機能があるので、これを併用することで座りっぱなしを確実に防止できます。Standlandとアップルウォッチの組み合わせが強力でおすすめです!

Standland

Standland

Flask LLP無料posted withアプリーチ

◎今日の成長!
座りっぱなしだと体が凝り固まってくるのを感じるようになりました。歳かな…。立ち上がって腕を回したりするだけでもリフレッシュできますよ!

関連記事

『Apple Watch Series3』を3日使ってみた!通知を手元で確認できるのでiPhoneの使用頻度が減りました。
アップルウォッチの充電時間とおすすめのタイミング【Apple Watch】
エニタイムフィットネスをやめてコナミスポーツクラブに鞍替えした理由