座りっぱなし防止にはiPhoneアプリ「Standland」がおすすめ


職業柄、仕事中はほとんど座って作業しています。フリーのエンジニアになってからは打ち合わせをすることもなくなったので、移動することもなく、ずーっと座りっぱなしです。

趣味がゲームなので休日も座りっぱなし。

先日はトイレにもほとんど行かず、一日中スプラトゥーンをやっていて、アップルウォッチで計測した歩数がたったの100歩でした。やばば。

座りっぱなしだと体調が悪くなることは日頃から実感していたのですが、腰痛だけでなく、ガンや脳卒中といった大病の原因にもなるという研究結果もあるそうなんですよね。

そこでスマホアプリ1日の立ち上がった頻度を計測するようにしました。今回の記事ではそのアプリ「Standland」をご紹介します。iPhoneユーザーの方はぜひお試しください。

Standland

Standland

Flask LLP無料posted withアプリーチ

iPhone標準アプリでも計測してくれる

iPhoneやアップルウォッチには、「1日に何回立ち上がったか」を計測してくれる機能が標準で付いています。正確に言うと「1時間あたり1回以上立ち上がったら1カウント」です。つまり1日で最大24カウントですね。

計測結果はiPhone標準アプリの「ヘルスケア」で確認できます。

「Standland」がビジュアルが可愛くておすすめ

iPhone標準アプリのヘルスケアでも計測できますが、僕は「Standland」というアプリを使っています。

1時間に1回立ち上がると「1Stand」としてカウントするというもの。それだけだと標準アプリと何も変わりませんが、Standlandの魅力はキャラクターの可愛らしさとアチーブメントです。

上の画像のように、「朝6時にスタンドを30日」といった目標を達成すると新たなキャラクターがもらえます。キャラクターをゲットするために立ち上がることを意識するようになるので、ゲーム感覚で座りっぱなしを防止できます。

設定画面ではゲットしたキャラクターを切り替えたり、アプリの背景を変更することができます。背景は課金することで入手できますが、アプリ内で手に入るダイヤを使って手に入れることもできます。

もちろん、レポート機能もあります。

レポートを見ることで、自分が座りっぱなしになっている時間帯が具体的にわかります。前週比、前月比の達成度を教えてくれるのも良いですね。

アップルウォッチに対応

「Standland」はアップルウォッチに対応しています。ただできることはキャラクターの切り替えと、今日のスタンド状況の確認のみになります。

アップルウォッチには立ち上がるように促してくれるアラーム機能があるので、これを併用することで座りっぱなしを確実に防止できます。Standlandとアップルウォッチの組み合わせが強力でおすすめです!

おわりに

健康面のケアはもちろんのこと、立ち上がることによって作業中の気分転換にもなります。

ですが座りっぱなしにならないように気をつけようとしても、作業に集中しているときほど立ち上がることを忘れてしまいますよね。

アプリを使えば座りっぱなしに気づくきっかけを作ってくれます。ぜひ使ってみてください!

本日もお読みいただきありがとうございましたヾ(´¬`)ノ

Standland

Standland

Flask LLP無料posted withアプリーチ

Amazonでの買い物はギフト券チャージがお得です

Amazonでは、「Amazonギフト券」にチャージすると、チャージ金額に応じてAmazonポイントが最大2.5%付与されるキャンペーンをやっています!Amazonユーザーならやらなきゃ損なので、買い物する前にチャージしてポイント貰っときましょう(`・ω・´)

Amazonギフト券について詳しくはコチラ