ノートPC用の格安スタンドの紹介|30分座り続けると死亡リスクが2倍?


2017年のコロンビア大学の研究によると、「30分以上座り続けると死亡リスクが2倍になる」そうです。エンジニア・ライターという仕事柄、座っている時間が長いのですが、1時間に1度は立ち上がるように心がけていました。しかし、「30分」立ち上がらないだけでも死亡リスクが上がるというのです。なんてこった。

そこで自宅にノートPC用スタンドを導入しました。冷却ファン付きでコスパの良いスタンドです。この記事ではコロンビア大学の研究と、購入したノートPCスタンドの紹介をしていきます。

コロンビア大学の研究結果

コロンビア大学の研究では、45歳以上の7985人に対して、腰に加速度センサーを装着し、平均4年間にわたって座っている時間を計測しました。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35107140.html

研究結果は以下の通り(上記記事より引用)。

  • 1日に合計13時間以上座る人は11時間前後以下の人に比べ、死亡率が2倍に上昇
  • 一度に座り続ける時間が30分未満の人は、30分を超える人より死亡のリスクが55%低かった
  • 90分以上座り続けることが多かった人の死亡率は、そうでない人の2倍近く

先日書いた「座りっぱなし防止アプリ「Standland」がおすすめ!」の記事で「Standland」というアプリを紹介しました。1時間に1回立ち上がるように促してくれるアプリなのですが、コロンビア大学の研究を踏まえれば、30分ごとに立ち上がる必要があります。30分はさすがに頻度が多すぎる……。

なので、せめて1日に座っている合計時間を減らすべく(目標11時間以下)、ノートPC用のスタンドを購入し、立ちっぱなしで作業できる環境を作りました。

立ちっぱなしで作業できるスタンディングデスク環境

ということで、自宅にスタンディングデスクの作業環境を作ってみました。

こんな感じです。ノートPCのスタンドを、デスクの上に載せています。

この状態でキーボードの位置が床からちょうど100cmの高さにあります。僕の身長だとちょっと低いんですが、左のモニターを取り付けてるアームがこれ以上上がらないため仕方なくこの位置にしています。

ちなみに僕の身長は170cmです。スタンディング環境を作る際は心地よい高さにすることが重要です。少し低いので、常に首を傾けているような状態でちょっと痛い(´・ω・`)

ファン付きの格安PCスタンド

スタンドの裏側にスイッチがあります。電源ケーブルはUSBです

購入したPCスタンドには、裏側にPCの熱を逃すファンが付いています。デュアルディスプレイ接続をするとMacBookProはすぐに熱くなるので、重宝している機能です。

足の角度を変更することで高さを調節できます

1cm単位のような細かい高さ調節はできませんが、角度の組み合わせで理想の高さに調節できます。調整するためにはPCをおろす必要がありますが、一度高さを決めたら変更することはほとんどないので特に不便は感じていません。

おわりに

スタンディングデスクの環境を導入したことで、「PCの前に立ったら仕事する」という意識づけができるようになりました。居眠りは当然できませんし、ダラダラネットサーフィンをしてしまうこともなくなりました。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございましたヾ(´¬`)ノ