Amazon最安値!8ポートUSBハブでデスクまわりがスッキリ!【消費電力表示機能も】

2018年10月12日ガジェット

こんにちは、たてひとです。

以前「ポケモン好きエンジニアの作業環境を公開してみる!」の記事で自宅のデスク周りを紹介しました。MacBookPro、iPadmini、iPhone、Apple Watch、Kindleといったデバイスが揃い、控えめに言って最高なのですが、それだけUSB充電ケーブルだらけになってしまいました。

そこでUSBハブを購入しました。数あるUSBハブの中からこの商品を選んだポイントを紹介します。使用電力のディスプレイ表示機能のある、ユニークな8ポートUSBハブです。

USBハブの選び方のポイント

USB選びのポイントは以下の2つ。

ひとつめは「充電速度は速くなくていいから、安いもの」。デスクでの使用が前提のため、常に充電しっぱなしで運用する予定です。なので、高速で充電できなくても問題ありません。その代わり、できるだけ格安のものを選びました。

ふたつめは「充電ポート6つ以上」。現時点でUSBケーブルを6本使用する予定なので、充電ポート6つ以上は絶対条件です。今後増える可能性を考えると、7つ以上だと多いとなお良し。

▼ちなみにこれまではこんな感じでコンセント1つに対して1つのケーブルを使ってました。

8ポート充電の格安USBハブ!

そして購入したのはこちらのUSBハブです。

購入したのは8ポート充電可能な、お値段2,290円のUSBハブです。Amazonで「価格安い順」に並べて探しました。8ポートのUSBハブの中で最安値です!(たてひと調べ)

▼開封前。

▼開封後。本体以外の付属品は電源ケーブルのみです。

▼ポートは8つ。右端にディスプレイが付いています。

消費電力をモニターできる!

お値段が安い以外の特徴としては、使用電力をディスプレイ表示する機能が備わっています!

▼下段の左1文字がポートNo.です。

上の写真のように、どのポートでどのくらいの電力を使っているかがわかるようになっています。ちなみに写真はiPadを充電しているときのものです。0.1A使用していることがわかります。

iPadの充電が100%になると消費電力が表示されなくなりましたが、その状態でiPadの画面を表示させるとすぐに消費電力が表示されました。なかなか敏感に反応してくれるようです。

そんなにマメに見るようなものでもないですが、ケーブル不良で充電速度が低下していても気づくことができて便利そうです。

おわりに

はい、デスクはこんな感じになりました。(現在はスタンディングデスクとして使っています。詳しくはこちらの記事をどうぞ「30分座り続けると死亡リスクが2倍!?死にたくないからスタンディングデスクにしてみた」)

ノートPCスタンドの下に配置しました。洞窟の奥に潜む中ボス的な存在感です(意味不明)

正直ケーブルのごちゃごちゃ感はまだ否めませんが、全てのUSBケーブルを一箇所に集約することができ満足です。ちなみにKindle用のケーブルを無くしたので、Kindleは充電できていません泣。

ではまたあしたヾ(´¬`)ノ

Posted by たてひと