フリーランスになって1ヶ月経過!労働時間・収入はほぼ理想通り

エンジニア, 働き方

こんにちは、たてひとです。

7月に会社を退職し、フリーになってから1ヶ月が経ちました。まだまだこれからといったところですが、今回は1ヶ月フリーを経験して分かったこと、感じたことを【手続き編】【労働時間編】【お金(売上)編】の3つに分けて紹介します。

なお、僕は「常駐型のフリーエンジニア」としてお仕事をしています。詳しくは過去記事をご覧下さい。

エンジニア関連の記事はこちら

手続き編

ではフリーランスになるための準備に関するお話から。

会社員からフリーになるには、開業届を出したり、青色申告承認申請書を出したり、健康保険や国民年金の手続きをしないといけません。

これらの手続きまわりは6月の有休消化期間+7月頭で一通り完了しました。そりゃ何もしないでいいことに比べたら面倒だったけど、思ったより簡単でした。

手続きのために外出したのは、税務署一回、役所に一回行ったくらいです。特に開業届の提出はめちゃめちゃアッサリ終わりました。それなりに記入事項があるのに、窓口では10秒かからずチェック完了。今のところ何の連絡もないので不備はなかったと思いますが、本当に大丈夫なんだろうか(´・ω・`)

「フリーになる手続きが面倒そうじゃん」という人がいますが、そこは大したことないです。これはフリーになった人が口を揃えて言うんじゃないかなー。

お金(売上)編

月の額面で比べると、サラリーマン時代の倍くらいになりました。ですが厚生年金の半額負担はないし、交通費の支給や住宅手当もないし、ボーナスもありません。その辺を考慮すると…どうだろう?正確に計算していませんが、これらを差っ引いてもまあ多いと思います。しかも残業なしで倍ですからね。

ただ収入が増えたのは嬉しいですが、フリーなったのはお金のためではないので、サラリーマンと比べてどうとかは特に気にしていません。僕としては、次に書く「労働時間」が最も重要です。

>>関連記事【SIerの働き方】SIer正社員の給料の決まり方に文句を言ってみる

労働時間編

僕にとって最も重要な労働時間について。

常駐型フリーエンジニアなので、現場に出勤する形で業務を行なっています。現在の現場の定時は9:00-18:00で、一般的な企業と同じ。

この1ヶ月間の残業時間はというと……1分もありませんでした。毎日18:00帰りです。仕事終わっても空が明るい!(・∀・) 前職では夜勤も多かったので辛かった……
>>関連記事 【SIerの働き方】初夜勤・徹夜を記念して感想を書いておく

ただこれは「フリーだから」ではなく、現場によって変わってきます。忙しい現場に入れば残業せざるを得ないでしょう。

「それって結局サラリーマンと変わらないじゃん」と言われることがありますが、サラリーマンとの違いは、「自分で仕事を選べる」こと。

僕はエンジニア以外の活動(ライター、ブログ)に時間を当てるために、「稼働が安定していること」を最優先事項としてお仕事を選びました。

自分の時間を捻出するためにフリーになったので、もし今の現場で稼働が増えるようであれば別の現場に移ろうと考えてます。「残業なし」を前提に契約してますので!

おわりに

ざっくりまとめるとこんな感じでした。

  • フリーになるための手続きは大して面倒じゃなかった
  • 収入は上がった
  • 労働時間は圧倒的に減った

定時内で成果をきっちり出し、残業は絶対にしないという信念で、これからもお仕事していきます。残業をしてしまったらフリーになった意味がないからね!(´▽`)  

このブログでは、フリーになるか悩んでた頃から記事を書いています。良かったら読んでみて下さい。常駐型フリーエンジニアについて詳しく知りたいという方からのご質問も受け付けています。

このブログの問合せフォーム、またはツイッターのDMでお気軽にご連絡いただければと思います。

問合せフォームはこちら
ツイッターはこちら

ではまたあしたヾ(´¬`)ノ

Posted by たてひと