最適な睡眠時間を知る方法!睡眠時間を正確に計測するおすすめアプリ【アップルウォッチ対応】


こんにちは、たてひとです。

日中に高いパフォーマンスを発揮するには睡眠が重要であることはよく知られていることですが、アプリを使って睡眠時間を計測することで最適な睡眠時間がわかってきました。

今回は最適な睡眠時間を発見した方法と、睡眠時間を自動計測するおすすめアプリを紹介します。

最適な睡眠時間を見つける方法

日々のルーチンである「通勤電車や昼休みに眠くなるかどうか」に着目することで最適な睡眠時間が見つかりました。こんな感じです。

  • 6時間睡眠: 電車や昼休みの昼寝は必須。どんなに抵抗しても寝てしまう。
  • 7時間睡眠: 電車や昼休みに眠くなる。起きてることはできるが、眠くて作業は捗らない。
  • 8時間睡眠: 電車で寝ようと思っても寝られない。作業中に眠くなることもない。目が冴えすぎて逆に戸惑う。

「翌日眠くなるかどうか」のように漠然とした検証方法だと、状況によって眠気は変わってくるので(たとえば好きな女の子と一緒にいるときは眠くならないとか笑)

毎日習慣的に行ってることに注目して睡眠時間との関係を見ると良いです。

僕の場合は、ブログを書く時間にあてている通勤時間や昼休みに注目したら、最適な睡眠時間がわかってきました。

睡眠時間を正確に計測できるアプリ

睡眠時間は自分で記録を取ってもいいですが、アプリを使えばより正確に計測できます。

僕が使ってるのは「AutoSleep」というアップルウォッチ専用アプリです。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

Tantsissa¥360posted withアプリーチ

睡眠時間の計測だけでなく、良質な睡眠時間や深い睡眠時間、心拍数なども同時に測れる優秀なアプリです。

一番の魅力はその手軽さで、アップルウォッチを腕に付けているだけで自動的に計測してくれます。寝る間際にアプリを立ち上げて睡眠スタートボタンを押す……のような操作が一切必要がありません。

▼この日は7時間寝れなかったので眠かった。。。

睡眠時間と良質な睡眠の関係

AutoSleepの計測結果から面白いことがわかりました。以下のスクリーンショットをご覧ください。7月後半〜8月前半の睡眠記録です。

▼1枚目(PC表示だと左)がトータルの睡眠時間で、2枚目(PC表示だと右)が「良質な睡眠」が取れた時間を表しています。

8時間睡眠と9時間睡眠の日をを比較すると、「良質な睡眠時間」はほとんど変わりません。一方で睡眠時間が6時間台になると、良質な睡眠時間は一気に下がっています。

この結果からも8時間ほどがベストな睡眠時間と言えそうです。また、9時間以上寝ても良質な睡眠時間が増えないことから、9時間以上の睡眠は効率が悪そうです。

おわりに

毎日計測と検証を続けていたら、少しの睡眠時間の差を強く感じるようになりました。

6時間睡眠だと通勤時間や昼休みに寝てしまうので、結局8時間寝た日とトータルの睡眠時間は変わりません。だったらよりパフォーマンスが高くなる8時間睡眠をとるべきですよね。

人によって最適な睡眠時間は違うので、アプリを使ってベストな睡眠時間を探してみてください!

ではまたヾ(´¬`)ノ

Amazonでの買い物はギフト券チャージがお得です

Amazonでは、「Amazonギフト券」にチャージすると、チャージ金額に応じてAmazonポイントが最大2.5%付与されるキャンペーンをやっています!Amazonユーザーならやらなきゃ損なので、買い物する前にチャージしてポイント貰っときましょう(`・ω・´)

Amazonギフト券について詳しくはコチラ