「VRヘッドセット」と「VRゴーグル」の特徴と選び方【名前は関係ない】


VRゲームやVR映像コンテンツを楽しむためには、「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」が必要です。HMDについて調べてみると、「VRヘッドセット」や「VRゴーグル」なんて言葉が並びます。

でも、この2つの違いがいまいち分からない。「ヘッドセット」と言うからにはマイクやヘッドフォンがセットになってるのかな……なんて予想してみるのだけど、なんかしっくりこない。

ということで、今回は「VRヘッドセット」と「VRゴーグル」という呼び名の使い分けについて調べてみました。結論は「呼び名自体に意味はない」です。また、記事後半ではHMDが備えている機能をもとに、HMDのタイプについても解説してみたので良かったら読んでみてください。

結論:呼び名の使い分けに大きな意味はない

というのも、人やメディアによって呼び名が違うんですよ。同じ商品を指さして「VRヘッドセットだ!」という人もいれば、「VRゴーグルだ!」と言う人もいるんです。お弁当箱指さして「これはお弁当箱だ!」って人もいれば「これはランチボックスだ!」って言う人もいるような感じで。(例えがヘタクソですんません……)

例を挙げると、価格ドットコムの「VRゴーグル・VRヘッドセットの選び方」のページでは、以下のように説明されています。

VRヘッドセット: より高次元のVR体験が可能なディスプレイ内蔵の高機能タイプ

VRゴーグル: スマホをセットしてVRコンテンツを手軽・安価に楽しめるタイプ

つまり価格ドットコムの解釈によれば、「ディスプレイの有無」で呼び分けているように読み取れます。

一方で、大手家電量販店のビックカメラの「VRヘッドセットの選び方」で紹介されているHMDはすべてスマホを使う「ディスプレイ非内蔵型」であるにも関わらず、その呼称は「VRヘッドセット」となっています。

そしてwikipediaにおいては、「ディスプレイ非内蔵型」のHMDは「簡易VRヘッドセット」という名前で記事になっていました。

HMDのタイプをざっくり解説:大きく分けて3タイプ

ということで、呼称を気にしてもしょうがねーな、ということがわかりました。たまに「VRメガネ」なんて呼ばれている場合ときもあるけど、もっとカッコよく呼んだらいいのにねえ……。

呼称が統一されていないことはわかりました。ただ前述した「ディスプレイの有無」のように、HMDはいくつかのタイプに分かれます。重要なのは呼称ではなく、大切なのはその性能であり、機能であり、何ができるのか、です。私見ですが、HMDは大きく以下の3タイプに分けられると考えてます。

1.ディスプレイ非搭載型

ディスプレイを持たないタイプです。価格は比較的安いものが多く、1000円以下で購入できるものも。主にスマホを装着して使用します。代表的な製品はダンボールでできている『ハコスコ』

2.ディスプレイ搭載/独立型

ディスプレイを搭載しており、かつPCやゲーム機に接続することなく、それ単独で動作するタイプです。それなりの価格ですが、PCやゲーム機を用意する必要がないため、その分コストを抑えることができます。『Oculus Go』『Mirage Solo』といった製品が有名です。

3.ディスプレイ搭載/接続型

ディスプレイ搭載で、PCやゲーム機に接続して使用するタイプです。高スペックなPCを用意する必要がありますが、それだけ高クオリティなゲームやサービスを体験できます。『Oculus Rift』『PlayStationVR』など。

created byRinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

Q:どのタイプがおすすめなの?

1が最も安価で、3が最も高価である傾向があります。結局どれを選べばいいの!?という質問に答えるならば、「やりたいゲーム・観たいコンテンツに対応しているかどうか」で選ぶといいです。世の中のすべてのVRコンテンツに対応したHMDはいまのところ存在しないので、やりたいことに合わせて選ぶべし、です。

ファイナルファンタジー15がSwitchではできなかったり、スプラトゥーンがPS4ではできなかったり、ドラクエ11はPS4と3DSどっちもでできたり……といったように、ゲームハードと同じ感じですね。

おわりに

てなわけで、名前は気にせず、自分の目的に合ったタイプのHMDを選ぶのが良さげです!

PC接続タイプの「Oculus Rift」なんかはハイスペックですが、PCもそれだけハイスペックなものが求められるのでトータルの導入費用が高額になります。クオリティの高いVR対応のスマホアプリもたくさんありますし、とりあえずVRを体験してみたいって人はディスプレイ非搭載型からでいいと思います。

ただ「VRchat」や「バーチャルキャスト」のようなVR空間を利用したソーシャルサービスを利用するには、ハイスペックなHMDが必要になります。個人的には、こういったVRソーシャルサービスが今後生活に浸透してくるのではないかと予想してます。

海外の企業では、VR空間を使った「バーチャル勤務」を導入していて、ネット環境さえあれば出社することができ、会議から何からすべてVR空間で行っているんだそうです。現実にそのような企業があると聞くと……夢が広がりますよね。

ではまたヾ(´¬`)ノ

Amazonでの買い物はギフト券チャージがお得です

Amazonでは、「Amazonギフト券」にチャージすると、チャージ金額に応じてAmazonポイントが最大2.5%付与されるキャンペーンをやっています!Amazonユーザーならやらなきゃ損なので、買い物する前にチャージしてポイント貰っときましょう(`・ω・´)

Amazonギフト券について詳しくはコチラ