【2018年】VRヘッドセットの選び方とおすすめ4選

レビュー

“VR元年”と呼ばれた2016年からはや2年。ゲームのみならずさまざまな分野・サービスでVR技術は注目を浴びています。まだゲームコンテンツが主流ではあるものの、不動産屋さんにいながら賃貸物件の内覧ができる「VR賃貸」や、仮想空間に出社して仕事をする「VR出勤」といったサービスや試みも始まっています。

新宿・歌舞伎町の「VR ZONE SHINJUKU」に代表される、VR体験ができるアミューズメント施設も続々と登場。しかしながら、いまやVR体験は特別なものではなく、自宅でも気軽に楽しめるものになっています。

自宅でVR体験するにはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と呼ばれる専用のデバイスが必要ですが、さまざまな種類のHMDが発売されていて、まあどれを選んだらいいかわからない。スーパーで売っている発泡酒のように、数百円で飲み終わったらすぐ捨てられるものであればいいけれど、HMDは高いもので10万円弱するものもあるわけで。

ということで、本記事では、VRヘッドセットの選び方をお伝えします。結論を先に言ってしまうと、「自分がやりたいゲームやコンテンツに対応しているか」。併せてVRの人気コンテンツを紹介しつつ、各コンテンツに対応したおすすめのVRヘッドセットも紹介していきます。

※本記事での「VRヘッドセット」とは、「PCやゲーム機と接続して使用するもの」を指しています。スマホを使った「VRゴーグル」は含みません。VRヘッドセットとVRゴーグルの違いについては以下の記事をどうぞー。

やりたいコンテンツに対応しているヘッドセットを購入しよう。

VRヘッドセットの選び方は前述した通りで、「やりたいことができるかどうか」が一番重要です。というのも、VRヘッドセットによって対応しているゲームやコンテンツが異なるから。もちろんディスプレイの視野角や解像度といったスペックに違いはありますが、メジャーな製品であればほとんど変わりません。

ゲームハードを購入するときと同じイメージ、といったら分かりやすいかも。PS4とSwitchのどっちを買うか迷ったら、「やりたいゲームができる方」を選びますよね。相当マニアックな人でない限り、PS4のほうがCPUの性能が……とか言って選ぶ人はほとんどいないはず。たぶんそういう人はどっちも買ってると思う。

メジャーなVRヘッドセットはこちら。

てなわけで、人気VRコンテンツがどのVRヘッドセットに対応しているか、一覧にまとめていく……前に、メジャーなVRヘッドセット製品を紹介しておきます。PCに接続するタイプは、PC側にもそれなりのスペックが求められるので注意。

HTC Vive

台湾のスマホ・携帯電話メーカー、HTCから発売されているHMD。PCに接続するタイプのHMDでは最もメジャーな製品のひとつ。2016年4月の発売当初は10万円ほどしたが、現在は値下げされ6万円台で購入可能。

※どうやら現在Amazonでの購入は割高のようなので、公式サイトからの購入がおすすめです。価格を比較して安いほうで購入しましょう!

■Amazonで見てみる
■HTC Vive 公式サイト

Oculus Rift

HTC Viveと同じく、PC接続タイプのHMD。こちらも発売から値下げが進み、5万円台で購入できる。ちなみにOculusはVR向けヘッドセットを開発しているメーカーだが、現在はフェイスブックに買収された。

■Amazonで見てみる
■Oculus Rift 公式サイト

Oculus Go

Oculus Goは、PCやスマホを利用する必要が無く、単独で動作するスタンドアロン型のHMD。本体価格は2万円~3万円程度と比較的安く、PCも必要ないため導入コストが低い。ただし、利用できるコンテンツは少なめ。

■Amazonで見てみる
■Oculus Go 公式サイト

PlayStationVR

PlayStaiton4と接続して使用するHMD。当然、使用するにはPS4が必要になる。PS4のVR対応ゲームを堪能するには、コレ一択。2018年3月に10,000円値下げされている。

■Amazonで見てみる

人気のVRコンテンツと対応してるVRヘッドセット一覧。

ゲーム

  HTC Vive Oculus Rift Oculus Go PlayStaionVR
Skyrim
Fallout 4 VR
Airtone
バイオハザード7
サマーレッスン
ワンピースグランドクルーズ
初音ミク VRフューチャーライブ

※2018年に発売予定

世界で最もダウンロードされているVRゲームといわれる、SkyrimはOculus Go以外であればプレイ可能(ツールを導入すればプレイできるという話も)。ゲームコンテンツを基準に購入を決めるなら、「PS4のゲームがやりたい人→PSVR」「ゲーム販売プラットフォーム”Steam”のゲームがやりたい人→Vive or Rift」という感じかしら。

ソーシャルアプリ

  HTC Vive Oculus Rift Oculus Go PlayStaionVR
VRChat
cluster
Rec Room
バーチャルキャスト

「VRChat」や「cluster」は、大人数で参加できる仮想空間をつくることができるサービスです。ニコニコ動画の生放送のように、大人数でイベント観覧などをすることができます。ニコ生と違うのは、そこに空間が存在するということ。実際に会っているかのように他ユーザーや登壇者と接することができるので、より”生”に近い感覚でイベントに参加できます。

このようなサービスがもっと発展していくと、ゲームの枠を超えて”生活”が変わりそう。かつての電話のようなーー生活インフラにもなり得るポテンシャルを秘めてるんじゃなかろうか。残念なことに、ソーシャル系のアプリを使うにはPC接続タイプのHDMとハイスペックなPCが必要なので、ちょっと敷居が高いのよね……。

動画コンテンツ

  HTC Vive Oculus Rift Oculus Go PlayStaionVR
YouTube
DMM.com
Netflix
NEXT VR

メジャーな動画配信サイトは、あらゆるVRヘッドセットに対応しています。

ちなみにこれらの動画コンテンツはスマホでもVR対応してる場合がほとんどなので、動画だけ見れればいいや~って人はスマホ対応の通称「VRゴーグル」がおすすめ。安いものであれば1000円台で手に入ります。

あ、あと大人なゲームはPSVRやスマホではできないので、そっちの世界を楽しみたい人はケチらずにPC接続タイプのヘッドセットを買おうね……。

おわりに

VRデバイスは日々新製品が発表されていて、どんどん技術が発展しています。個人向けの販売はないようですが、視野角が脅威の210度(一般的だと100度程度)のVRヘッドセットも発表されました。

VRヘッドセットの値下げが今後も進めば、VRは僕らの生活にどんどん入り込んでくるんじゃないかなあ。今のところはVR ≒ ゲームコンテンツなので、やりたいゲームに合わせてVRヘッドセットを選びましょー!

ではまたヾ(´¬`)ノ

Posted by たてひと