アップルウォッチのおしゃれで便利な「充電スタンド」を紹介します。



アップルウォッチ購入から半年が経ち、アップルウォッチが生活になくてはならないものになってきました。

僕が思うに、快適なアップルウォッチ生活を送る上で最も重要なアイテムはアップルウォッチ専用の「充電スタンド」です。

アップルウォッチの充電器は丸型でアップルウォッチの背面に吸着して充電するものなのですが、充電器単体で使用すると、アップルウォッチのバンドを広げた状態で机に置くことになるのですっごく邪魔なんです。

そこで今回は、アップルウォッチの様々なタイプの充電スタンドを紹介していきます。

充電器単体の充電時に横から撮った写真

iPhoneとAirPodsも充電できる3in1スタンド

こちらが僕が使っている充電スタンドで、アップルウォッチだけでなくiPhoneとAirPodsも同時に充電できる3in1タイプです。

複数のデバイスを持っている場合、充電スタンドはひとまとめにすると便利だと思いを購入しました。アルミの素材でできていて高級感があります。インテリアとしても◎

画面の反射を防ぐためiPhoneは裏返しにしています

充電時はこんな感じになります。右下のライトニングケーブルの端子が出ている部分がAirPodsを充電するところですが、AirPodsを持っていないので空席になっています。

代わりにJBLの赤いイヤホンを充電してます。

このようにアップルウォッチの円形の充電器をスタンドにはめ込んで使います。前述した通り充電器は磁石になっているので、アップルウォッチを乗せるだけで吸着します。

スタンドの裏側はこんな感じ。ケーブルをスタンドの穴に通して使います。

ケーブルが見えているためちょっと不恰好ではありますが、ケーブルを伸ばせば充電しながらiPhoneを操作できたり、横向きに置くこともできるので便利なポイントでもあります。

様々なタイプの充電スタンドがあります

僕は3in1タイプのスタンドを使っていますが、アップルウォッチの充電スタンドは様々なタイプがあります。スタンド購入時の候補にあがったものを紹介します。

シングルタイプ

こちらはアップルウォッチ単独の充電スタンド。比較的お値段は安めです。アップルウォッチだけ充電できればいいという人でも、このようなスタンドがあれば便利です。

持ち運びできるケースがついたものもありました。そもそもアップルウォッチは腕につけているはずなので、充電しながら持ち運ぶシーンがイメージできませんでしたが。

 2in1タイプ

iPhoneと同時に充電できる2in1タイプです。iPhoneを持っていて、AirPodsは持ってないし買う予定もない人におすすめ。流線的なデザインがかっこいいですね。

僕のスタンドと違って、iPhoneは縦にセットして充電するタイプで、横向きにすることはできないっぽいです。

2in1タイプのスタンドは他にもたくさんあるので、自分にあったスタンドを探してみてください。

ヘッドホンがかけられるタイプ

iPhone、AirPodsに加え、ヘッドホンスタンドがついたタイプです。

あらゆるアイテムを一箇所に集約できるのは良いですね!ただそれだけサイズ感が大きくなるので、置き場所を具体的に決めてからの購入が良さそうです。

ワイヤレス充電対応タイプ

iPhoneのワイヤレス充電に対応したタイプもあります。

おわりに

今回はアップルウォッチの充電スタンドを紹介してみました。

Appleの製品はデザインが良いので、インテリアとしても楽しめるのが魅力の1つですよね。利便性とデザイン性を兼ね備えたスタンドを机に置くと高揚感があっておすすめです(笑)

以上、アップルウォッチのおしゃれで便利な「充電スタンド」を紹介します……という話題でした。