ポケモンレッツゴー(ピカブイ)ストーリークリア後の感想・評価|難易度低め・ポケモンの世界を楽しめるゲーム


11月16日に発売された「ポケットモンスターLet’sGo!ピカチュウ・イーブイ」の「ピカチュウ版」を発売日にダウンロード購入し、ポケモンリーグチャンピオンまでクリアしました!

ということで今回は、チャンピオンになるまでのシナリオの感想、ピカブイのゲームシステムの感想を書きたいと思います!今作は初代ポケモンのピカチュウ版をベースとしてリメイクされた作品で、僕は初代ポケモンをリアルタイムで遊んでいた世代です。初代ポケモンを遊んでいた人の感想として読んでいただければと。

なお、今作はこれまでのポケモンとは異なるゲームシステムとなっています。ポケモンの特性や持ち物が無くなり対戦における戦略性は少なくなったものの、相棒ポケモンとの触れ合い、ポケモンの連れ歩き、ポケモンGOとの連携など、ポケモンが好きな人にとって楽しめる作品だと感じました!

ピカブイが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください(´▽`)  

シナリオや登場人物について言及およびスクリーンショットを掲載しており、ネタバレを若干含みます。ご注意ください。

シナリオとキャラクター

シナリオの大筋は初代ポケモンと同じ

ポケモンと融合してしまった「マサキ」を助ける一場面。セリフが初代と一緒!

シナリオは初代ポケモンと「ほぼ」同じだと思ってください。(違いについては後ほど触れます)オーキド博士にポケモンをもらってポケモン図鑑を完成させながらポケモンリーグチャンピオンを目指す……という伝統のシナリオです。

更には、フィールド上のポケモントレーナーの配置や、セリフ、BGMまでもが初代ポケモンと(全てではないですが)同じでした。初代ポケモンを遊んだことがある人は懐かしさも感じながら楽しめると思います(*´▽`*)

グラフィックの進化

大筋のシナリオは初代と同じですが、大きく変わったのがグラフィックです。本作は初めて「据え置き型ゲーム機」のポケモンということで、グラフィックのクオリティが高かったです。

道中のトレーナーやジムリーダーといったキャラクターはもちろん、イベント時はムービーが挿入されるなど、ゲームボーイで遊んでいたときにはわからなかったキャラクターの表情や風景を楽しむことができました!

キャラクターとイベントの一部をスクリーンショットで紹介します。

女の子トレーナーの画像詰め合わせ。

大型客船セントアンヌ号

カラカラとお母さんガラガラ

グレンジムのクイズ。初代から雰囲気変わりすぎw

初代と違う登場人物やシナリオも少しだけ

主人公のライバルが幼馴染という設定は初代と同じですが、道中でアイテムをくれたり主人公の心配をしてくれるなど、初代ライバルと比べると性格がまともでいい奴でした(笑)初代ライバルの性格は現代のゲームシナリオ向きではないからかもしれませんね。

そしてなんと、初代ライバルだった「グリーン」は別キャラクターとしてシナリオに登場します。なのでライバルの名前は「グリーン」以外にすることをおすすめします(`・ω・´)

グリーンの登場によって、道中のシナリオに若干の変更が入っていました。

ゲームシステムについて

「ポケモンGO」仕様の捕獲は結構楽しい

これまでのポケモンと違い、ポケモンを捕まえる際はポケモン同士を戦わせないのですが、個人的には結構好きですね。ストーリーをクリアする目的であれば野生ポケモンは「道中の邪魔をしてくる存在」ですが、コントローラーを振ってモンスターボールを投げるアクションが楽しくて、ついつい寄り道してポケモンを捕まえてました。

眠らせる技や体力を削る技を覚えさせた「捕獲用ポケモン」を用意する必要がないのも良かったかも。

相棒ピカチュウがいろんな意味で最強

僕はピカチュウ版を買ったので相棒はピカチュウだったのですが、相棒ピカチュウはバトルの強さも可愛さも最強でした。相棒ピカチュウは通常ピカチュウよりも種族値が高く、かつ個体値が6V固定とステータスが高いというのもありますが、特にその強さが際立ったのは「相棒ワザ」です。

僕が確認したピカチュウの相棒ワザは「ピカピカサンダー」「ぱちぱちアクセル」「ふわふわフォール」「ざぶざぶサーフ」の4種類。

通常のピカチュウでは覚えない飛行タイプや水タイプの高威力技を打てることで、ピカチュウの攻撃範囲がものすごく広くなります。例えば草タイプのポケモンに対して有効打がないピカチュウですが、相棒ピカチュウなら「ふわふわフォール」で効果抜群を出せます。

「ぱちぱちアクセル」に至っては上の画像の通りで、「タイプ一致+先制技+必中急所」というトンデモ性能となっていますΣ(゚ロ゚;)

そしてもちろん、可愛い。可愛いは正義。「ピカチュウと遊ぶ」モードでピカチュウがいろんな表情を見せてくれます。ピカチュウはアラサー男性にも優しいです。

「GOパーク」と幻のポケモン「メルタン」

今作ではポケモンGOで捕まえたポケモンを連れてくることができます。連れてきたポケモンはセキチクシティの「GOパーク」に集められます。

上の画像は実際にポケモンGOからポケモンを連れてきたあとのGOパーク。連れてこれるポケモンはカントー地方のポケモンだけですが、フリーザーやミュウツーなどの伝説ポケモンも連れてくることができました。

ピカブイとポケモンGOを連携させると「ふしぎなはこ」というアイテムが手に入り、ポケモンGOで幻のポケモン「メルタン」をゲットしました!

ストーリー攻略と難易度

ゲームスタートからポケモンリーグ制覇までのプレイ時間は15時間程度でした。道中のトレーナーは一通り倒し、捕まえていないポケモンを見かけたら捕まえるようにしていました。娘のオムツ替えたりしてたので実際はもうちょっと早いです(´▽`) 

全体的な難易度の感想としては「かなり簡単」です。相棒ピカチュウが強すぎること、レベル上げが簡単なこと、そしてトレーナー戦を2人プレイ(2対1)で戦えること、の3点が難易度を下げた主な理由ですね。

ポケモン捕獲でどんどんレベルが上がる

野生ポケモンを倒すよりもトレーナーと戦う方が多くの経験値がもらえる、というのがこれまでのポケモンの常識でしたが、今作ではポケモンを捕まえることで多くの経験値が入ります。

一発で捕まえる「ワンショット」やタイミングよくボールを当てる「エクセレントスロー」などを出すとボーナス倍率がかかり、さらに得られる経験値が増えます。

レベル上げをする必要がないくらい、ガンガンレベルが上がっていきました。正直、トレーナーと戦うのが面倒なくらいでした。トレーナーに勝つと賞金とモンスターボールをいくつか貰えるのでお金のために戦う感じです。

ジムリーダーも四天王も2対1で戦える

ポケモンで初めて2人プレイができるようになった今作ですが、ポケモンを捕まえるときだけでなく、トレーナー戦でも2人プレイができます。2人プレイと言うからには、誰かと一緒にゲームを遊ぶのが本来の楽しみ方なんでしょうが、、、1人でも2人プレイができます。

2人で戦うデメリットはなく、2人プレイで戦うと完全なヌルゲーになります。超理不尽なのに、なんの文句も言わずに対戦してくれる相手トレーナー(´・ω・`)

2人プレイをするかどうかは本人次第ではありますが、このシステムのために本作の難易度はかなり簡単になっています。まあ2人プレイしなくても相棒が強すぎるんですけどね。

クリア後のやりこみ要素は?

ポケモンリーグチャンピオンになると「マスタートレーナー」と呼ばれるトレーナーたちと戦えるようになります。マスタートレーナーは全員で151人。それぞれが151種類のポケモンのうち1匹を持っていて、対戦するにはこちらも同じポケモンを手持ちの先頭に置いておく必要があります。

対戦ルールは1対1。早速「ピカチュウマスター」と戦ってみましたが、相手のピカチュウのレベルは75と結構な高レベル。進化前のポケモンも含め151匹育成しマスターに勝利するというのはなかなか大変そうですね。

今作はポケモンGOからポケモンを連れてこれるので図鑑完成はあっと言う間だなーーーと思ってましたが、図鑑完成の先の目標が用意されているのは面白いと思いました。151人全員倒したらなんらかのご褒美があるのではないかと思いますので、コツコツやっていこうかなと。

あとGOパークに同じポケモンを25匹以上連れてくれば「プレイエリア」というミニゲームのようなものを遊べるみたいなのですが、まだ25匹揃っておらず遊ベていません。同時にポケモンGOの方も活動しないとですね。

おわりに

個人的には面白いというより「楽しい」ゲームでした。「ガチ対戦」よりも、「ポケモンという存在」を楽しめる作品に仕上がっているように思いました。

初代ポケモンを遊んでいた人ならより一層楽しめると思います。対戦の難易度が低いこともあり、ポケモンGOからポケモンを始めたという人にも、是非遊んでみてほしいです。

スマホゲームのポケモンGO、まだまだ現役のウルトラサン ・ウルトラムーン、そしてポケモンLet’sGo!と、ポケモン生活はこれから忙しくなりそうです!

最後までお読みいただきありがとうございました!ではでは〜ヾ(´¬`)ノ

Amazonでの買い物はギフト券チャージがお得です

Amazonでは、「Amazonギフト券」にチャージすると、チャージ金額に応じてAmazonポイントが最大2.5%付与されるキャンペーンをやっています!Amazonユーザーならやらなきゃ損なので、買い物する前にチャージしてポイント貰っときましょう(`・ω・´)

Amazonギフト券について詳しくはコチラ