ポケモンの過去タイトル売上本数をグラフにまとめてみた



11月に発売された「ポケットモンスターLet’s Go! ピカチュウ Let’s Go! イーブイ」の発売初週世界累計売上が300万本を突破したそうです。これはNintendo Switchソフトで新記録とのこと。

おめでとうございます!!

今日はピカブイの大ヒットを記念して、ポケモンの過去タイトルの売上本数を調べてみました。

過去タイトルの売上本数一覧

発売日 ハード タイトル 国内売上 世界売上
1996年2月27日 GB 赤・緑 822万本 3000万本
1998年9月12日 GB ピカチュウ 312万本 1464万本
1999年10月10日 GB 201万本
1999年11月21日 GBC 金・銀 720万本 2310万本
2000年12月14日 GBC クリスタル 187万本
2002年11月21日 GBA ルビー・サファイア 544万本 1622万本
2004年1月29日 GBA ファイアレッド・リーフグリーン 315万本 1049万本
2004年9月16日 GBA エメラルド 219万本 632万本
2006年9月28日 DS ダイヤモンド・パール 582万本 1767万本
2008年9月13日 DS プラチナ 260万本 686万本 
2009年9月12日 DS ハートゴールド・ソウルシルバー  392万本  1272万本
2010年9月18日 DS ブラック・ホワイト 547万本 1564万本
2012年6月23日 DS ブラック2・ホワイト2 304万本 781万本
2013年10月12日 3DS X・Y 448万本  1634万本 
2014年11月21日 3DS オメガルビー・アルファサファイア 311万本 1413万本 
2016年11月18日 3DS  サン・ムーン  383万本  1613万本 
2017年11月17日 3DS  ウルトラサン・ウルトラムーン 244万本  796万本 

タイトルごとの国内売上と世界累計売上を調べられるだけ調べてみました!もちろんこれから売上が増える可能性がありますが、ざっとこんな感じです。

すべてのタイトルでミリオンセラーを達成していますね!

特に初代の「赤・緑」の世界累計3000万本は凄すぎ。……ちなみに世界累計売上ランキングの1位は「Minecraft」で1億4400万本だそうです。

なお家庭用ゲームソフト全体の国内売上ランキングの1位が「赤・緑」で2位が「金・銀」だそうで。

当時僕は小学校低学年だったので売上数なんて気にすることなく遊んでましたが、クラスのほんんどの友達がポケモンを持ってましたし、それはたくさん売れてたんでしょうね。

売上本数をグラフにしてみた


※ファイアレッドやプラチナなどの派生タイトルを除く

超小さくてごめんなさい。ですが徐々に売上本数が減ってきていることがわかると思います。

特に「金・銀」から「ルビー・サファイア」の落差が目立ちます。偶然ですが、ルビー・サファイア発売当時、僕はゲームから離れていた時期だったもので、発売日に買わなかったタイトルなんですよねー。

最新作「ウルトラサン・ウルトラムーン」の対戦環境においては、徐々にプレイヤーが減ってきているといわれています。

いまの小学生の事情は詳しくありませんが、スマホの普及、そしてスマホゲームの充実によって、僕が小学生のころに比べてポケモンを遊んでいる子供たちが減っているのかもしれませんね。

2019年Switchの新作ポケモンに期待

売上が減ってきている中、今回のピカブイの新記録はポケモンファンとしては非常にうれしいニュースでした。

ポケモン本作の売上が減っているとはいえ、スマホゲームのポケモンGOは世界規模で相変わらず好調のようですし、ポケモン人気はまだまだ続きそうですね。

そこで気になってくるのが2019年に発売されるといわれているSwitchの新作タイトルです。「オンラインでポケモン対戦をする」以外の魅力、たとえばオープンワールドのような魅力を持たせることができれば、大きくヒットするんじゃないでしょうか。

またピカブイのようにポケモンGOとどう絡めてくるのかも注目です。

以上、ポケモンの過去タイトル売上本数をグラフにまとめてみた、という話題でした。改めて、ピカブイ300万本突破おめでとうございます!