AppleWatch 9ヶ月の使用で付いたキズはどのくらい?買取減額を踏まえると保護シートがお買い得


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。たてひとです。

昨年4月にAppleWatchを購入して以来、入浴時以外は常に腕に付けています。通知の受信やApplePayなどが便利すぎて、もうAppleWatchなしの生活には戻れません。

iPhoneなどのスマホを購入したら、真っ先に用意するのが画面を衝撃から守る「保護シート」です。特にiPhoneのディスプレイは衝撃に弱いため、保護シートを使用していない人の方が少ないのではないでしょうか。

その点、AppleWatchは腕に付けているため落下の心配はほとんどありません。重量も軽いので万が一落としてもディスプレイへのダメージは少ないです。ゆえに、僕は保護シートを使っていません。

意外とキズは付いてない

こちらが約9ヶ月使用した、AppleWatch Series3です。反射していてわかりずらいですが、パッと見て大きなキズやヒビ割れはありません。

ちょこちょこ壁やテーブルの端などに「カンッ」っとぶつけてしまい焦ることがありますが、以外と無事でした。強いなAppleWatch。

……と思ってましたが、クリーニングクロスで綺麗にしてよーく見てみると細かいキズが入ってました。がーん。

普段使用するうえでは全く問題ないレベルのキズですが、一度気づいてしまうと結構気になりますね。

キズの有無で買取金額はどのくらい変わる?

買取ショップやキズの大きさによって、減額の割合は変わってきますが、ヒビ割れではなく小傷であれば10%~20%ほど減額されることが多いようです。

15,000円の買い取り金額の場合、1,500円から3,000円ほどの減額に。結構でかいな。

AppleWatch専用保護シートでキズから守るべし

普通に使っていて3,000円値引きされてしまうなら、初めからAppleWatch用の保護シートを付けておけばよかったと反省中です。

小傷で済めばいいですが、落下の心配がほとんどないとはいえ、ディスプレイが割れてしまう可能性もゼロではありませんし、これからAppleWatchを購入する方は保護シートを付けることをおすすめします。

AppleWatchの保護シートはAmazonで格安で販売中です。複数枚入りで1,000円台の保護シートがほとんど。ガッツリ守りたいならケースタイプのものもあります。

1,000円でヒビ割れのリスクを軽減できて、買取金額の減額がされないのであれば保護シートを付けない理由がありません。ああ、買ってすぐに保護しておけば良かったなあ……。

Amazonでの買い物はギフト券チャージがお得です

Amazonでは、「Amazonギフト券」にチャージすると、チャージ金額に応じてAmazonポイントが最大2.5%付与されるキャンペーンをやっています!Amazonユーザーならやらなきゃ損なので、買い物する前にチャージしてポイント貰っときましょう(`・ω・´)

Amazonギフト券について詳しくはコチラ