832ページ、スマブラSP公式攻略本の内容をがっつりレビュー!技データやスピリッツが完全網羅された辞書みたいな攻略本です。



昨年12月に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(通称:スマブラSP)』の公式攻略本が、1月25日に電撃より発売されました。

攻略情報がネット上で簡単に手に入る時代において、攻略本を買うメリットがあるのか、内容に触れながら、今回は詳しく紹介してみたいと思います。

攻略本は書店では中身を見ることができませんので、「買って後悔したくない!」という方は是非、この記事を読んでみてくださいね。

書名 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL オフィシャルガイド
ページ数 832ページ 
出版社 KADOKAWA 
発売日 1月25日
価格(税込) 1,944円

攻略本を買うメリットについて

ネットで攻略情報が手に入る時代:

最近は攻略本を買う人は少なくなったのではないでしょうか。というのも、ゲームをプレイしていて煮詰まったら、手元のスマホでパパッと検索すれば攻略情報が手に入るから。

もはや攻略情報がネットに掲載されていないゲームの方が少ないんじゃないかなあ。当サイトでも、ゲームの攻略情報を掲載しています。

僕が子供のころはまだネットが大きく普及しておらず今ほど簡単に攻略情報は手に入りませんでしたので、本当に良い時代になったものです。

公式データが掲載されている:

しかし現代においても、攻略本を買うメリットはあります。

まず、公式攻略本の場合は公式が監修しているので、正確なデータが掲載されているということです。第三者による攻略情報は、独自に調査したものであるため正確でない場合が少なからずあります。

特にスマブラの場合、技のダメージ量や発生フレーム(技が出る速さ)といった正確に計測しずらいデータは、第三者では知りえない、または誤っている場合がありますからね。

体系的に情報が網羅されている:

都度、ネットで攻略情報を調べてもいいのですが、1つのゲームの情報をまとめて知りたいのであれば攻略本の方が便利。

今回紹介するスマブラSPの攻略本もそうですが、情報が体系立てされ、カラーで見やすくまとめられているのが攻略本の良いところ。

紙の本はパラパラとめくって目当ての情報にすぐたどり着けるので、ネット検索よりも早いことが多いですしね。本格的に1つのゲームに取り組みたいのであれば、攻略本を持っていて損はしないでしょう。

スマブラSP攻略本の内容構成

構成とページ数:

前置きが長くなりましたが、スマブラSP攻略本の内容に触れていきます。

全832ページと辞書並みの厚さを誇る本書。内容の構成と、それぞれのページ配分はこちらの表のようになっています。

スマブラSP用語集 3ページ
スマブラSPの基礎知識 20ページ 
ファイター戦術指南 322ページ
ステージ解析 78ページ
いろんなバトルで大乱闘 52ページ
データコレクション 38ページ
スピリッツ解放指南 313ページ

基本的なことから細かいデータまで完全網羅

スマブラの用語集や「ふっ飛ばすと勝ち」という基本的なゲームシステムから、プロも必見のファイターごとの技の性能まで、あらゆる情報が網羅されています。

スマブラは対戦ゲームなので「データ」の掲載が多くなっていますね。

ファイター戦術指南とスピリッツ解放指南のページ数が多い

スマブラSPの参戦ファイターは70以上、登場スピリッツは1000以上ということもあり、「ファイター戦術指南」と「スピリッツ解放指南」のページ数が多め。それぞれ300ページ以上もあります。

ファイター戦術指南では各キャラ4ページほどで技や基本戦術が細かく解説。対戦ガチ勢はファイター戦術指南によくお世話になりそうです。

スマブラSP攻略本の中身は?

スマブラSP用語集:

スマブラSP公式攻略本の用語集

スマブラシリーズおよび、スマブラSPにおける用語解説です。

シリーズファンの方であればほとんど既知の内容かもしれませんが、かなり細かいことまで解説されているので読み物としても面白いです。

ちなみに僕は本書を読むまで「ワンパターン相殺」のシステムを知りませんでした。日々勉強ですね。

スマブラSP基礎知識:

スマブラSP公式攻略本の基礎知識

基礎知識編では、「スマブラは画面外にふっ飛ばしたら勝ち」という基本ルールから、崖捕まり・崖上がり攻撃、各種回避の操作方法など、細かい操作方法まで掲載。

個人的には「崖上がり攻撃」や「ヒットストップずらし」が特に参考になりました。普通に遊んでるだけじゃこういう操作分からないからね。

それと上の写真にある「ほかほか状態」の補正についても初めて知りました。自分のダメージ蓄積が大きいときの単純なサインだと思ってましたが、それだけじゃなかったんですね。

キャラクター戦術指南:

スマブラSP公式攻略本のファイター戦術指南

さて、対戦ガチ勢なら一番お世話になるであろう「ファイター戦術指南」には、ファイターごとの性能や、技データが詳細に掲載されています。

データから撃墜手段や立ち回りに有利な行動を調べる

技データは、これらの情報が掲載。

  • ダメージ
  • ふっとばし
  • ベクトル
  • 発生
  • 備考

ファイターごとのこんな性能についても。

  • ジャンプの高さ
  • ダッシュの速さ
  • ふっ飛びやすさ(重さ)
  • 掴みの発生 など

これらの情報を見ると、低%のときは発生の早いこの技を振ろうとか、100%越えたらこの技で撃墜を狙おうとか、そういった行動の指針が決まってきます。

例えば僕はルキナをよく使うのですが、上B必殺技に「無敵」が付くことを知りませんでした。発生も早いし、反撃するのに有効な技のようですね。

パラパラめくっているだけでも「このファイターの投げは遅い」といった細かい情報が目に入ってきて楽しいです。

右ページ端に索引あり

ちなみに、ページの右端に索引が付いているので調べたいファイターのページをすぐに開けるようになっています。

70ファイター以上のいるので、そもそも索引から目当てのファイターを探すのが大変、というのはありますが(苦笑)

ステージ解析:

スマブラSP公式攻略本のステージ解析

ステージ解析のセクションでは、スマブラSPに登場する全103ステージの詳細なデータが掲載されています。ていうかステージ数103もあったんかい。

ステージが変化したり、ギミックのあるステージはその動きが画像付きで詳しく説明されています。

ガチ対戦で戦場や終点しか使わない場合は、あまり見る機会がないかもしれませんね。

いろんなバトルで大乱闘:

スマブラSP公式攻略本のいろんなバトルで大乱闘

続いて「いろんなバトルで大乱闘」のセクションでは、ファイターごとの「勝ち上がり乱闘」の対戦ルートや、「組み手」モードなどについて掲載されています。

  • 勝ち上がり乱闘
  • 組み手
  • Miiファイター
  • amiibo
  • トレーニング

勝ち上がりや組み手は何度かプレイしただけでほとんどやり込んでおらず、正直、個人的には惹かれるものがありませんでしたが、読んでいて面白かったのが「Miiファイター」と「amiibo」のページ。

スマブラSPではMiiファイター専用の「ふく」と「ぼうし」を着せることで好きな見た目に変更できるのですが、Miiファイターのページでは、「ふく」と「ぼうし」の見た目と入手方法がバッチリ網羅されていました。

Miiファイター使いの方なら特に有益なページではないでしょうか。僕もこのページを読んでいてMiiファイターを使いたくなりましたね。

スマブラSP公式攻略本のamiibo一覧

amiiboのページでは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのamiiboだけでなく、「スマブラSPで使用することのできるamiibo」が全て網羅されていました。

スマブラSPでは、amiiboを読み込んで『フィギュアプレイヤー(FP)』として対戦・育成ができたり、対応するスピリッツがもらえたりとamiiboを使った遊びが充実しています。

【画像あり】スマブラSP対応amiibo(アミーボ)前作からの変更点と全amiiboのまとめ

2018.12.02

「意外と知られていないのでは?」と思ったのが、スマブラシリーズのamiibo以外でも、FPとして使えるamiiboがあるということ。僕は知りませんでした。

例えば上の写真のように、『SUPER MARIO BROS.』シリーズのマリオamiiboを読み込めばマリオのFPだし、『星のカービィ』シリーズのデデデ大王amiiboを読み込めばデデデ大王のFPとして使えます。

僕は『ブレスオブザワイルド(BoW)』のリンクが好きなので、スマブラシリーズではなくBoWのリンクamiiboを買うのもアリだと思いましたね。

  • スマブラシリーズ以外のamiiboも使える
  • スマブラシリーズ以外のamiiboもFPとして使えるものもある

データコレクション:

スマブラSP公式攻略本の勝ち上がり乱闘

データコレクションでは、スマブラSPに登場するアイテムやアシストフィギュア、ポケモン、クリアゲッターの解放条件など、これでもかという詳細なデータが掲載されています。

アイテムを使って与えられるダメージ量やふっ飛ぶ方向(ベクトル)など、思わず「いや、さすがにそこまでは知らなくてもいいです……。」と言ってしまうほどのデータ量にびっくり。

スマブラSPのやり込み要素でもある『クリアゲッター』のクリア条件も完璧。

スピリッツ解放指南:

スマブラSP公式攻略本の灯火の星マップ

そして最後に待ち構えるのが、300ページ超えの『スピリッツ解放指南』。

アドベンチャーモード『灯火の星』の広大なマップに驚愕した方は多いのではないでしょうか。プレイしながら「え?まだクリアじゃないの!?」と思ったのは、僕だけじゃないと思います。

『スピリッツ解放指南』ではどこに何のスピリッツが配置されているか灯火の星のマップを完全網羅しつつ、各所で戦うボスの行動パターンなどの攻略情報も合わせて掲載。もうほんと、知りたいことはここに全て書いてあるって感じ。

スマブラSP公式攻略本のスピリッツ一覧

そして1000以上のスピリッツデータを一覧で網羅。原作ゲームのシリーズごとにスピリッツが並んでいるので、読んでいるだけで楽しいですね。

分厚すぎるのが難点

さて、これで本書の内容を一通り紹介しました。800ページ超えの大ボリュームで、詰め込めるだけの情報を詰め込んだという感じですが、その反面「分厚い」というのは欠点と言えるでしょう。

あまりに分厚いものだから、正直読みやすくはないです。同じページを開きっぱなしにして机に置いておく、というような使い方がしずらい。

一通りやり込んだ方であれば、おそらく「ファイター戦術指南」のページを頻繁に読むことになると思うので、そこだけ切り出して別冊のようにしてくれればより良かったかもしれません。

カバー裏に全キャラ参戦イラストが:

スマブラSP公式攻略本のカバー裏イラスト

本書のカバーの裏面は「全員参戦!」のイラストになっています。ヘビーユーズするにはカバーは邪魔なので、取り外してポスターのように使っても良さそう。

購入の際の注意すべきこと

アップデートによりデータが古くなる:

唯一の公式攻略本として発売された本書ですが、注意点として「掲載データは古くなる可能性がある」という点があります。

それは、スマブラのような対戦ゲームは定期的にアップデートがされるから。先日も2.0.0版にアップデートされたばかりで、ほとんどのファイターの性能や技の性能に調整が入りました。

つまり、本書に「この技の発生は5F」と書いてあったとしても、それはあくまで2019年1月25日時点での話。今では全く違う性能に変わっている可能性も大いにあるということです。

技そのものが全く違うものに変化するようなアップデートはそうそうないですが、細かい性能調整は今後もあるはずなのでその点には注意しましょう。

追加ファイターの情報は載っていない:

今後のアップデートに対応しないということは、当然追加ファイターの情報は掲載されていません。(掲載されていたら逆におかしいですよね)

ちなみに、今後5体のファイターが追加されることが決まっています。初回購入特典の『パックンフラワー』を含めたら6体で、1年後(2020年2月末)までに全ファイターが追加されると発表されています。

追加ファイターは有料ダウンロードコンテンツとしての購入になります。5体分まとめて購入でき、バラ買いよりもお得な『ファイターパス』が販売中。詳しくは以下の記事で解説してますのでよろしければ読んでみてくださいね。

【スマブラSP】ファイターパスは買うべきか?4つの参考情報まとめ。追加キャラ予想も。

2019.02.14

安心の公式攻略本ここにあり

最後に価格について触れておくと、800ページ超えのボリュームで2,000円弱というのはかなりお買い得ではないでしょうか。ちなみに、同じく電撃から発売された前作「スマブラ forWiiU」の公式攻略本は335ページで1,500円でした。

  • 前作攻略本:335ページ1,500円
  • 今作攻略本:832ページ2,000円

ページ数が今作のボリュームを物語っていますよね。前作と比べると倍以上のボリュームになりましたが、価格を2,000円に抑えてくれたのはありがたいですね。

以上、1月25日に発売されたスマブラSP公式攻略本の紹介でした。ご購入の参考になれば幸いです。