『ファイナルファンタジー』がニンテンドースイッチで続々発売。発売日、ゲーム内容まとめ。FF8だけ発売されないのはなぜ?



2018年9月14日に配信されたNintendo Directにて、過去に発売した『ファイナルファンタジー』シリーズのナンバリングタイトルがニンテンドースイッチ向けに配信・発売されることが発表されました。

Nintendo Directが配信されたタイミングでは発売日が未確定でしたが、現在は発売日が決定し、順次発売されている状況です。

そこで今回はスイッチ向けに発売される(または発売された)ファイナルファンタジーシリーズをまとめました。オリジナル版にはなかったシステムについても解説していきますので、購入の参考にどうぞ。

※2月26日 新情報追記

スイッチで遊べるファイナルファンタジーシリーズ

ファイナルファンタジーIX

ファイナルファンタジー9
発売日 2019年2月14日 
価格 2500円
販売形態 ダウンロードのみ

FF9 ダウンロード版 -My Nintendo Store

2000年7月にプレイステーションで発売された『ファイナルファンタジー9』はダウンロード版限定で2月14日から配信中です。スイッチだけでなく、スマホ、PS4、PCとあらゆるプラットフォームで配信されています。

より快適にプレイできるブースト機能:

本作では「オートセーブ機能」「ブースト機能」が搭載されており、より快適に遊ぶことができるように。なんならいきなりラスボスをけちょんけちょんに倒せるくらい強くなれます。

他のFFリマスター版と比べて、FF9はブースト機能が充実。以下の7種類が用意されています。

  • アビリティマスター
  • レベル魔石力MAX
  • ギルMAX
  • ゲージマックス
  • ダメージ9999固定
  • 高速モード
  • エンカウントなし

所持金やレベルをカンストできたり、全アビリティを覚えられたり、ゲームスタート時点から最強になれる機能が使えるようになっているんですね。

もちろん機能のONOFFは自由に切り替えられるので、すでにクリアしたマップを移動するときだけ「エンカウントなし」にするといった使い方も可能です。

逆に初めから「エンカウントなし」にすることでボス戦以外の戦闘をスキップし、「低レベルでクリア」という遊び方もできそうですね。

ファイナルファンタジーⅦ

ファイナルファンタジー7
発売日 2019年3月26日 
価格 1800円
販売形態 ダウンロードのみ

FF7 ダウンロード版 -My Nintendo Store

新リメイク版が開発中の『ファイナルファンタジー7』。プレイステーションで1997年に発売された旧作が、スイッチ向けにも配信されます。

3種類の便利機能:

PS4で配信中のFF7では、以下の3つの機能が搭載されています。

  • エンカウントなし
  • バトル強化(HP、MPが常にMAX)
  • ゲーム速度3倍速

スイッチ版の公式サイトは現状未公開なので確定ではありませんが、スイッチ版でもこれらの機能が搭載されると思われます。

追記:スイッチ版の公式サイトが公開され、上記3つの機能が搭載されることが明らかになりました。

ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster

ファイナルファンタジー10
発売日 2019年4月11日 
価格(パッケージ版) 6800円
販売形態 パッケージ/ダウンロード

2001年発売『ファイナルファンタジー10』、2003年発売の続編『ファイナルファンタジー10-2』の2作品がセットになったHDリマスター版です。

これまでPS3、PS4向けに発売されていましたが、今回スイッチ向けにも発売されることになりました。

映像作品や独立ゲームが収録:

FF9やFF7に搭載されているようなブースト機能はありませんが、FF10エンディング後のエピソードを描いた映像作品『ファイナルファンタジー10 永遠のナギ節』や『ファイナルファンタジー10-2 LAST MISSION』というゲームが収録されています。

  • ファイナルファンタジー10 本編
  • ファイナルファンタジー10-2 本編
  • ファイナルファンタジー10 永遠のナギ節
  • ファイナルファンタジー10-2 LAST MISSION

上の4つが1つのソフトに全て収録されている感じ。なんだよこれ、超お得じゃねーか。当時お小遣い叩いて全部購入したのによお……。(苦笑)

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ

ファイナルファンタジー12
発売日 2019年4月25日 
価格(パッケージ版) 5800円
販売形態 パッケージ/ダウンロード

2006年にPS2で発売された『ファイナルファンタジー12』のHDリマスター版です。FF12はシステムを再構築されたソフトが過去に数回、販売されているのが印象的な作品。

今回は、2017年にPS4向けに発売した『ゾディアックエイジ』がスイッチ向けに発売します。

  • 2006年3月発売『ファイナルファンタジー12』
  • 2007年8月発売『ファイナルファンタジー12 インターナショナル ゾディアックジョブシステム』
  • 2017年7月発売『ファイナルファンタジー12 ゾディアックエイジ(PS4)』

初期レベルで固定される「弱くてニューゲーム」:

グラフィックやサウンドのクオリティ向上はもちろん、快適に遊ぶためのシステムも多数設けられています。

  • ローディング時間の短縮
  • オートセーブ機能
  • ゲームスピード2倍速/4倍速
  • 強くてニューゲーム
  • 弱くてニューゲーム

FF12リマスター版で最も特徴的なのは、ゲームスピード高速化などの快適機能だけでなく、初期レベルで固定される「弱くてニューゲーム」モードが存在すること。

これによって「低レベルクリア」にチャレンジすることができるんですね。本作は2つのジョブを組み合わせるという戦略性の強い戦闘になっていて、うまくジョブを使いこなせれば低レベルでもクリアが可能…..とのこと。挑戦しがいがありそうです。

追記:ライセンスリセットなど3つの新要素が追加

スイッチ版では、以下の3つの新要素が追加されることが明らかになりました。

  • ライセンス(ジョブ)のリセット機能
  • ガンビットのスロット拡張
  • 強くてニューゲームの強化

従来だとライセンスは1度習得したら変更できず、取り返しのつかない要素として慎重に選択しなければなりませんでした。スイッチ版ではリセットが可能になるので、気軽にライセンスの取得ができるように。

また「強くてニューゲーム」は所持品(武具、魔法、ライセンスポイント、ギルなど)も引き継げるように強化されます。

参考動画:Nintendo Direct 2018.9.14

スイッチ向けにファイナルファンタジーシリーズが発売されることが発表されたNintendo Directの動画はこちら。ファイナルファンタジーのニュースは32:30頃からです。

FF8のリマスター版は無い

ちなみに、FF7、FF9、FF10、FF12と来て『FF8』のリマスター版は無いの?という点ですが、残念ながら無いです。FF8はスイッチに限らず、他のプラットフォームでも発売されていません。

公式情報ではありませんが、FF8のソースコードが失われてしまい、別プラットフォームでの開発ができなくなってしまったという噂です。個人的に、FF8は初めてプレイしたFFなので残念ですな……。

以上、『ファイナルファンタジー』がニンテンドースイッチで続々発売。発売日、ゲーム内容まとめ。FF8だけ発売されないのはなぜ?……という話題でした。