まるでスパイダーマン!?ルフィがオープンワールドで大暴れする話題作『ワンピース ワールドシーカー』はどんなゲーム?



人気マンガ「ワンピース」のゲーム最新作「ONE PIECE WORLD SEEKER(ワンピース ワールドシーカー)」は3月14日発売です。今作はワンピース初のオープンワールドを採用したゲームで、発表当初から話題となっています。

僕にとってもワンピースは連載開始当初からずっと読んでいる大好きな作品ですし、ゲームもたくさん遊ばせてもらってきたので、今作にはかなり期待しています。

本記事ではワンピース ワールドシーカーの発売前情報をまとめていきます。購入の参考にどうぞ。

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント

『ワンピース ワールドシーカー』はどんなゲーム?

ソフト概要:

正式タイトル ONEPIECE WORLD SEEKER
ジャンル アクションアドベンチャー
開発元 バンダイナムコエンターテイメント
ゲーム機 PlayStation4
発売日 2019年3月14日
公式サイト https://opws.bn-ent.net/
created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント

本作の舞台となる”ジェイルアイランド(監獄島)”は、かつて天然資源に恵まれ、”ジュエルアイランド(宝石島)”と呼ばれていた。

しかし、天然資源をめぐる凄惨な戦争が勃発、その後、海軍手動のもとに島は急速な発展を遂げるが、豊かな生活を享受する”海軍派”と、古きを愛する”反海軍派”の2つの派閥を生むこととなった。

衝突する2つの派閥。二分されてしまった島民たちの想い。そして、島には海軍本部大将や名のある海軍たちなど、多くの猛者たちが集結し、さまざまな思惑が交錯する。”ジェイルアイランド”は、一触即発の波乱の舞台にーー。

お宝の噂をききつけて島にやってきたルフィたちに、何が待ち受けているのだろうか……。(公式サイトより引用)

ワンピース初のオープンワールドゲーム:

『ワンピース ワールドシーカー』はワンピース初のオープンワールドゲーム。「さあ、どこから冒険しよう。」というキャッチコピーから、オープンワールドゲームとして強くアピールしていることが分かりますよね。

本作の舞台は、豊かな生活を享受する「海軍派」と、古い伝統を大切にする「反海軍派」の2つの派閥の島民が暮らす「ジェイルアイランド(監獄島)」。主人公ルフィを操作して、島中を駆け巡ります。

上の画像のように高い建物が立ち並ぶ地域もあれば、反対に鉱山や農地など自然豊かな地域もあるという、飽きが来ないよう工夫された、オープンワールドならではのマップデザインという印象です。

ルフィのゴムゴムの実の能力を活かした、自由度の高いアクションも本作の魅力となっています。「ゴムゴムのUFO」で空中を飛ぶことができたり、

腕を伸ばして街中を軽快に移動することも。オープンワールドで、街中を自由に飛び回る。あれ、この感じどっかで見たことあるなあ……。

そうそう、2018年の流行りゲーにもなった名作、「Marvel’s Spider-Man」にゲーム性がかなり似てる!ルフィとスパイダーマン、意識したことはなかったけど、言われてみればアクションに共通点がありますね。

Marvel’s Spider-Man -Amazon

ローと一緒に空島を冒険:

2月14日に公式サイトにて、ジェイルアイランドの上空に隠しステージ「空島」が登場することが発表されました。隠しステージを発売前に発表とはこれいかに(笑)

空島はトラファアルガー・ローと一緒に冒険するようです。本筋のストーリーから外れたサイドミッションになるとのことで、こちらも楽しみですね。

“ゴム技”と”覇気”を駆使して敵を倒せ!

ルフィといえば、敵陣に突っ込んで豪快に敵を吹き飛ばす肉弾戦が得意なキャラクター。本作では近距離戦闘だけでなく、「ゴムゴムのピストル」で遠距離攻撃を仕掛けることができます。

スパイダーマンではクモの糸を飛ばす攻撃「ウェブ・ショット」で遠距離攻撃ができました。それと同じ感じかな?

気配を察することのできる能力、「見聞色の覇気」を使うと、上の画像のように敵やオブジェクトの位置が分かるようになります。

この能力を使って、相手に気づかれないように近づいて敵を倒す「ステルス・アクション」も可能となっています。原作のルフィだったら、「見つからないようにイチジを追いかける」なんてミッション絶対できないだろうけど(笑)

  • 見聞色、武装色、ゴムゴムの実の能力を駆使して敵を倒す

あ、スパイダーマンでは「スパイダー・センス」という危機察知能力で相手の位置や攻撃を察することができましたよ。

今作にレベルの概念は(たぶん)なく、スキルポイントを消費することでパラメーターを上昇させたり、使用できるアクションが増えていくというシステムのようです。

上の画像では「覇王色の覇気」をスキルポイント300を消費して覚えられることが分かります。

もうしつこくなってきましたが、スパイダーマンでもスキルポイントを使った成長システムは同じでしたよ。

余談ですが、今回の敵キャラである「アイザック」はアーマーに身を包んで戦うようで、これがまたアイアンマンによく似てる。

アイザックのアイアンマンはさておき、ここまで紹介したように、ゲーム性としては『スパイダーマン』に似ている印象を受けます。

『スパイダーマン』は2018年のオープンワールドゲームとして話題をさらった名作だけに、どうしても比較対象になってしまいますね……。日本のゲームメーカー、そして日本の漫画が題材ということですし、『スパイダーマン』を超える作品になることを期待しています!

使用可能キャラクターはルフィだけ?

公式サイトには「プレイアブルキャラクター」のページが:

多くの魅力的なキャラクターが登場するワンピース。これまでのゲーム作品においても、たくさんのキャラクターが使用できるものがほとんどでした。

現状、ワールドシーカーでのプレイアブルキャラクターはルフィ1人だけとされています。ゴムゴムの能力を活かしたアクションとオープンワールドの組み合わせが「売り」の本作なので、もしかしたらルフィしか使用できないのかも……?

  • 使用可能キャラクターはルフィだけ(今のところ)

と思いつつ、公式サイトを見てみると「プレイアブルキャラクター」のページが存在します。わざわざこのようなページを作っているということは、今後プレイアブルキャラクターが追加される可能性は十分あると予想してます。

個人的には、ルフィの兄貴分「サボ」あたりが怪しいと踏んでいます……。

麦わらの一味はサポート役:

もちろん「麦わらの一味」のキャラクターは登場しますが、装備品や衣装をクラフトするウソップやフランキー、海賊弁当を作ってくれるサンジ、アイテムを収集してくれるナミなど、サポート役として活躍するようです。

戦闘することしかできなそうなゾロなんかは、もしかしたらプレイアブルキャラクターになるかもですが……どうでしょうか。

海軍大将やスモーカー、ジェルマ66、元七武海のクロコダイルなど、敵キャラも充実。オリジナルストーリーにどう関わってくるのか楽しみですね。

ワンピースならではのストーリーに期待

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント

プロモーションビデオを観た限りでは、ルフィの能力とオープンワールドの自由度をうまくゲームに落とし込んでいる作品、という印象を受けました。

昨年秋に発売されたばかりで記憶にも新しい名作『スパイダーマン』とはどうしても比較してしまいますが、ワンピースという魅力的なコンテンツを存分に活かして、魅力的なゲームに仕上げて欲しいですね。期待して3月を待ちましょう!

以上、まるでスパイダーマン!?ルフィがオープンワールドで大暴れする話題作『ワンピース ワールドシーカー』はどんなゲーム?……という話題でした。