【2019年版】ニンテンドースイッチのおすすめソフトランキング。スイッチをお持ちの方にぜひ遊んでほしい名作を揃えました。



この記事は、ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフトをランキング形式で紹介していく記事になります。

発売直後からしばらく品薄状態が続いていたスイッチですが、現在では店頭やネットショップで確実に手に入るようになり、入手できた方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スイッチを購入された方向けに「とりあえずこのソフトを買っておけば間違いない」というおすすめソフトをまとめてみました。

様々なジャンルのソフトを掲載しましたので、気になるソフトを見つけてみてください。

掲載基準:

  • ファミ通クロスレビュー ゴールド(32点)以上
  • メタスコア70点以上
  • その他、当サイト管理人である僕の主観

本記事に掲載したソフトは、上記基準により抜粋しました。

僕自身の主観だけでなく、ある程度信頼性のある外部評価を加味した上で取り上げています。

ファミ通クロスレビューとは
ゲーム週刊誌『ファミ通』で連載されている、ゲームソフトの評価コーナー。

1つのソフトを4人が10点満点で評価する。32点以上で「ゴールド殿堂入り」、35点以上で「プラチナ殿堂入り」。超余談だが、僕はこのコーナーが大好きである。

 

メタスコアとは
『metacritic』という海外サイトが公開しているゲームソフトの点数のこと。
世界中の雑誌、ウェブサイトのレビュー点数を集計し独自の加重平均を使って算出している。

点数は100点満点。ちなみに2018年のNo.1は「レッドデッドリデンプション2」の97点。

 

初めにちょっと宣伝:

Amazonでゲームを購入するなら、チャージタイプのAmazonギフト券がポイントが付いてお得です。

特に初回チャージでは1,000ポイント付与!まとめてチャージするとさらにポイント効率が上がりますよ。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【手順解説】Amazonギフト券にチャージしてお得に買い物する方法【キャンペーン実施中】

2018.11.06

超おすすめのTOP3!

第1位:ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

発売日 2017/3/3 
ジャンル アクションアドベンチャー
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 7200円
メタスコア 97点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 40点(40点満点)

大厄災と呼ばれる災害が起こり ハイラル王国は滅亡した……。それから100年後、主人公リンクは地下遺跡で永い眠りから目覚め、不思議な声に導かれて大地へと踏み出す。

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(通称:BoW)』はニンテンドースイッチと同時に発売されたローンチタイトルで、ゼルダシリーズ初のオープンワールドを採用したゲーム。

なんといっても特筆すべきは「自由度の高さ」。リンクは記憶を失った状態で100年の眠りから目覚めゲームがスタートするのだが、その時点から基本的に何をしても良い。

メインストーリーに沿って進めるも良し、全マップ踏破を目指すのも良し、サブクエストをこなすのも良し。なんならいきなりラスボスを倒しに行っても良いのである。

それだけ自由なのに難易度調整は抜群で、リンクが強くなっていく感覚を強く味わえる。未開のダンジョンや祠をクリアすればするほど強くなるから、ゲームの止め時が全くわからない(笑)

スイッチで1人で楽しめるゲームは?と聞かれたら、まずBoWをおすすめする。どこにケチをつければいいのかわからないレベルの最高傑作だ。

こんな人におすすめ

  • スイッチを持っているすべての人
  • 1人プレイでまったり遊びたい人
  • 1つのソフトを長く遊びたい人

第2位:スプラトゥーン2

発売日 2017/7/21
ジャンル アクションシューティング
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 5980円
メタスコア 83点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 37点(40点満点)

「インクを地面に塗りあうイカしたバトル」

チームに分かれて、インクで地面を塗って対戦だ。ブキやギア(服装)も好きに組み合わせて、自分だけの戦い方を見つけよう。

『スプラトゥーン』はインクで地面を撃って塗りつぶし、より広い範囲を自分のインクで塗りつぶしたチームが勝ちとなる、対戦型シューティングゲーム。

対戦ゲームは「勝てる」から面白いのであり、負け続けるとフラストレーションが貯まるのが普通だ。その「普通」を亡きものにしたのがこのスプラトゥーンというゲームである。

ポップな世界観やキャラクターのせいか、チーム戦という形式だからなのか、勝率が5割になるような優秀なマッチングシステムのためなのか。

なぜだかわからないが、負けてもイライラしないのだ。負けても「勝つまでやろう」だし、勝っても「調子いいからまだやろう」だし、どっちにしてもやり続けてしまう……(笑)

本格的な対戦ゲームでありながら、小さな子供から大人まで誰でも楽しめるゲーム性に仕上がっていて、僕(今年で三十路)も発売からずっとプレイし続けている。

対戦シューティングゲームと聞くと躊躇してしまう方もいるかもだが、スプラトゥーンは全くハードルが高くない。とにかく興味があれば、一度遊んでみてほしい。

こんな人におすすめ

  • スイッチを持っているすべての人
  • 対戦ゲームが好きな人

第3位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

発売日 2018/12/7
ジャンル 対戦格闘
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 7200円
メタスコア 93点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 38点(40点満点)

さまざまなキャラクターをふっとばしてあそぶ、対戦型アクション!

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』は「ニンテンドー64」時代から続く超人気・国民的ゲームの最新作だ。任天堂(およびその関連ゲーム)のキャラクターが大勢参戦し、最大8人でふっとばし合うという任天堂きってのお祭りゲー。

本作では過去作に登場したすべてのキャラクターが使用可能ということで発売前から注目を集めた。

本作からの新キャラクターを合わせると使用できるキャラ数は70以上ととんでもないボリュームである。これだけ多いのに、決して「多い」と感じないのが不思議だ。それだけ各キャラのクオリティは半端なく高い。

またアドベンチャーモード「灯火の星」やスピリッツ集めなど、一人でも楽しめるモードが用意されているのも評価したい。小さなお子さんから大きな大人(?)まで誰でも手軽に楽しめるので、スイッチを持っている人にはぜひ遊んでほしいソフトです。

こんな人におすすめ

  • スイッチを持っているすべての人
  • 対戦ゲームが好きな人(ガチ対戦も可能)
  • 任天堂のキャラクターが好きな人

スマブラSPは1人でも楽しめる?新システムをまとめてみた

2018.11.27

おすすめTOP10!

第4位:スーパーマリオ オデッセイ

発売日 2017/10/27
ジャンル アクション
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 5980円
メタスコア 97点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 39点(40点満点)

クッパとピーチがなんと結婚!?

またもやマリオの目の前でさらわれたピーチ姫。今回のクッパの目的は、なんとピーチ姫とのウェディング!?

盛大な式にするために、クッパは世界中を巻き込んで、準備を開始。マリオは結婚式を阻止すべく、急いでクッパを追いかけます。

しかし、そんなマリオの前を「ブルータルズ」が行く手を阻むのでした。

『スーパーマリオオデッセイ』は「箱庭マリオ」と呼ばれるアクションゲーム。「ピーチ姫をさらったクッパを倒す」というストーリーはおなじみだが、砂漠や湖、大都会といった国々をマリオが旅をしながらクッパを追いかけるという「冒険(オデッセイ)」がテーマとなった作品である。

「箱庭」というのは、閉じられた世界(今作でいえば国)の中を自由にクリアしていくスタイルのゲームのこと。国をクリアする順番は決まっているが、国の中においてはどんな順番でクリアしてもいい。かの『スーパーマリオ64』も「箱庭マリオ」を採用したゲームだった。

本作の特有の特徴としては、帽子を使った様々なアクション。

中でも「敵キャラに帽子を当てると、マリオがそのキャラクターを乗っ取れる」というシステムが画期的だ。

敵キャラ特有のアクションを使わないと進めなかったりと、パズル要素も盛り込まれていて、中々面白い。

さらにはマリオの衣装を変更したり、フォトモードで冒険の様子を写真に収めることができたりと、アクション以外の楽しみ方も充実。アクション好き、マリオ好きの人はマストバイ!

こんな人におすすめ

  • アクションゲームが好きな人
  • 3Dマリオシリーズが好きな人

第5位:マリオカート8 デラックス

発売日 2017/4/28
ジャンル レース
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 5980円
メタスコア 92点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 35点(40点満点)

あらゆる場所がサーキット!レース、バトル、すべてがデラックス!

マリオたちがカートに乗って駆け抜ける『マリオカート』がデラックスになって登場!シリーズ最多42人のキャラクターが、水中、大空、いろんな場所を走ります。

『マリオカート8 デラックス』は「マリオカート」シリーズの最新作。WiiUで発売された『マリオカート8』に様々な要素が追加されスイッチに移植された完全版だ。

グラフィックのクオリティがアップしているのはもちろんだが、新キャラや新アイテム、新システムなど追加要素がふんだんに盛り込まれている。

使用可能キャラは相当に多く、マリオシリーズのキャラクター以外も使用できるのはもはや当たり前。『ゼルダの伝説』リンクや、『スプラトゥーン』のインクリングも使用可能だ。

コースアウトしないようにハンドルを自動調整してくれる「ハンドルアシスト」機能も新たに加わった。初心者の方や小さなお子さんでも走りきれるようにと配慮された機能だと思う。(Wiiのマリオカートは操作が難しくコースアウトしまくってゴールできなかったのは良い思い出である)

もちろん、オンラインに繋げは世界中のプレイヤーとガチ対戦ができる。初心者から上級者まで、誰でも楽しめるレースゲームです。

こんな人におすすめ

  • 対戦ゲームが好きな人
  • マリオカートシリーズが好きな人
  • 短い時間で遊べるゲームが好きな人

第6位:New スーパーマリオブラザーズ U デラックス

発売日 2019/1/11
ジャンル アクション
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 5980円
メタスコア 80点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 32点(40点満点)

クッパ一味にピーチ城が乗っ取られた!?占領されたピーチ城を目指し、マリオたちの冒険が始まります。

『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』は、WiiUで発売された『New スーパーマリオブラザーズ U』がスイッチ向けに移植されたソフト。

WiiU版との違いは大きく2つ。操作可能なキャラクターが追加された点と、WiiUで発売された『New スーパールイージ U』がまるごと収録されている点。

難易度はそれなりに高いけど、同時に4人までプレイできるので、友達、家族、恋人、誰と遊んでも、わちゃわちゃ盛り上がることができる。

WiiUは持ってなかったけどスイッチは持ってるよ!というみなさん、ぜひこれを機会に最新のマリオを遊んでみてください。

こんな人におすすめ

  • 昔ながらのマリオが好きな人
  • みんなでワイワイ遊びたい人

第7位:UNDERTALE

発売日 2018/9/15
ジャンル RPG
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 4320円
メタスコア 93点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 33点(40点満点)

むかしむかし ちきゅうには ニンゲンと モンスターという 2つのしゅぞくが いました。

誰も殺さなくたっていい。どの敵にも、戦わずに「勝つ」方法がある。スライムとダンスをしたり、イヌをナデナデしたり。もちろん、問答無用でやっつけたってかまわない。

ヘンテコなキャラクターたちとのヘンテコな会話には、思わずクスリと笑ってしまうはず。プレイヤーが取る選択は、ストーリーに大きく影響する。

『UNDERTALE』はインディーゲーム作者のトビー・フォックスという方がクラウドファンディングで資金を集め開発した、「誰も死ななくていいRPG」だ。

ファミコン時代を彷彿とさせるドット絵で描かれた、敵と戦い進んでいく一般的なRPGだが、最大の特徴はプレイヤーの選択次第で「敵を倒してもいいし、倒さなくてもいい」という点だ。

ドット絵のグラフィックも相まって、かなりシュールな印象を受けるゲームである。

シナリオやゲーム性など多くの面で高い評価を受けているが、個人的にはBGMがすごく良かった。特にボス戦のBGMは中毒性があって、ずっと聴いていても全く飽きない。ちなみにファンによるリミックスが制作されているくらいにBGMに対する評価は高い。

ともかく、予備知識が無い状態で一度遊んでみてほしい。パッケージ版はそれなりの価格だが、ダウンロード版なら1000円台で購入可能だ。

こんな人におすすめ

  • ゲーム音楽が好きな人
  • シュールなシナリオが好きな人

第8位:Xenoblade2

発売日 2017/12/1
ジャンル RPG
開発メーカー モノリスソフト
定価(税抜) 7980円
メタスコア 83点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 35点(40点満点)

見渡す限りの白ーー天空にそびえ立つ「世界樹」を中心に広がる雲の海。それが、オレ達の暮らす世界「アルスト」だ。

この世界ができる遥かな昔、人は世界樹の上に住む創世の「神」と共に暮らしていたという。人はそこを「楽園」と呼んでいた。だけどある日、人は楽園を追われた。理由はわからない。

楽園を追われた人はアルストに移り住んだけれど、長く生きることはできなかった。憐れに思った神は自らの僕ーー「巨神獣(アルス)」をアルストに遣わし、人を救った。

その巨神獣が今、死に絶えようとしている。そして「楽園」を目指す旅が始まるーー。

『ゼノブレイド2』はモノリスソフトが開発した『ゼノブレイド』の続編RPGである。といっても前作とのつながりはさほど強くなく、今作からプレイしても十分楽しめる内容になっている。

主人公がヒロインの女の子と出会い、冒険に出る。キャラクターデザインやイベント・ムービーはコメディ感が強く、アニメ調。そんな『ゼノブレイド2』はまさに王道RPGだ。

「少年向け」といったら少し聞こえが悪くなってしまうかもしれないが。

ただその一方で、戦闘システムはなかなか複雑でやり込みがいのあるものだ。攻撃を行う「ドライバー」とサポートキャラ「ブレイド」が協力して戦闘するシステムは真新しい。

ブレイドは最大3体までセットすることができ、ブレイドによって武器や技、役割が異なる。ブレイドを状況に応じて切り替えたり、通常攻撃、ドライバーアーツ、必殺技、チェインアタックといった要素を駆使しながら戦うシステムは複雑だがハマると面白いと評価が高い。

ブレイドは「ブレイド同調」をすることでランダムで手に入るという、いわゆる「ガチャ」システムを取り入れた。真新しいシステムと王道RPGを融合させた意欲作である。

こんな人におすすめ

  • 王道RPGが好きな人
  • 冒険が好きな人
  • やり込みがいのある戦闘システムが好きな人

第9位:OCTOPATH TRAVELER

発売日 2018/7/13
ジャンル RPG
開発メーカー スクウェア・エニックス
定価(税抜) 6800円
メタスコア 83点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 36点(40点満点)

主人公は、「8人」の旅人たち。物語の舞台となるのはオルステラ大陸。きみはその1人としてこの世界を自由に旅することができる。

生まれた場所も 旅の目的も そして特技も異なる8人ーーはたして君はどのような旅を体験するだろうか?旅立とう。君だけの物語へーー

『オクトパストラベラー』はスクウェア・エニックスが開発した新作RPGだ。8人の主人公から好きな1人を選び物語が進んでいくが、最終的には全員仲間にすることができるし、8人分のストーリーを楽しめる。

まず目を引くのが「HD-2D」という技術で表現された、ドット絵でありながら奥行きを感じさせるグラフィックだ。

HD-2Dは「もしドット絵のままゲームが進化していたらどうなっていたか?」を実現した表現技術であり、ドット絵を立体化させてミニチュアの世界を冒険しているような体験を可能にしている。

バトルシステムは昔のFFシリーズを彷彿とさせるコマンドバトルだが、弱点をつく攻撃でシールドを「BREAK」しつつ、「ブースト」して一気に攻めたてるという戦略性を伴う爽快なバトルとなっている。

また8人の主人公はそれぞれ特有のフィールドコマンドを持っていて、人々のプロフィール(年齢や趣味まで!)を覗き込めたり、街の人を倒して家に勝手に入り物色したり、モノを盗んだり、誘惑して強引にパーティに入れたりできるのだ。

単純な2Dドット絵のRPGと思ったら大間違い。グラフィックもシステムも画期的。それが『オクトパストラベラー』だ。

こんな人におすすめ

  • 昔ながらのRPGが好きな人
  • ドット絵が好きな人

第10位:ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ

発売日 2018/11/16
ジャンル RPG
開発メーカー 任天堂
定価(税抜) 5980円
メタスコア 80点(100点満点)
ファミ通クロスレビュー 37点(40点満点)

「ポケットモンスター」(ちぢめて「ポケモン」)は、たくさんの謎を秘めた不思議な生き物。

いろいろなポケモンと出会いながら、ポケモンを捕まえて、育てて、カントー地方をめぐる冒険へと出かけるぞ!

相棒のピカチュウ・イーブイをはじめとしたポケモンたちとともに乗り越えて、一人前のポケモントレーナーを目指そう!

『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』はゲームボーイで発売された初代「ピカチュウ版」をスイッチ向けにリメイクした作品。シナリオは初代をほぼ踏襲しているが、ゲームシステムは新しいものに大きく変化した。

まずはポケモンの捕まえ方。ポケモン同士のバトルで体力を削り、弱らせたタイミングで「モンスターボール」を投げるというのが従来の捕まえ方だった。

今作ではポケモンを戦わせることなく、ひたすらボールを投げることで捕まえる。幅広い世代にヒットしているスマホゲーム『ポケモンGO』のそれと同じだ。

また相棒ポケモンであるピカチュウやイーブイと遊んだり(これが最高にかわいい)、シンボルエンカウントを採用したことでフィールド上にポケモンが歩いていたりと、「ポケモンの世界」を楽しむための工夫がいたるところで見られるのも特徴的。

ポケモンという存在が好きな方は間違いなく楽しめるだろうし、一方でポケモンをやったことがないという方にもおすすめしたい。

ゲーム難易度は低く、ポケモンを知り、ポケモンと遊ぶには最高のゲームである。

ただポケモン対人戦の面においては、過去作で培われてきた戦略性が失われ「浅い」と言わざるを得ない。対人戦を楽しむなら3DSの「USUM」をプレイするか、2019年発売予定の新作に期待しよう。

こんな人におすすめ

  • ポケモンという生き物が好きな人
  • ポケモンをやったことがない(けど興味がある)人

ポケモンレッツゴー(ピカブイ)クリアしたぞ!評価・レビュー。難易度低めでポケモンの世界を楽しめるゲームです。

2018.11.17

本記事は随時更新していきます

スイッチは長く遊ばれる名作ゲームが多い印象。それだけにランキングが大きく変動することは少ないかと思いますが、高評価ゲームが発売されましたら、更新・追加していく予定です。

以上、ニンテンドースイッチのおすすめソフトランキングでした。

参考記事:

これから発売するスイッチの新作ソフトスケジュールは、こちらの記事をご覧ください。発売日順に新作ソフトを一覧でまとめました。

【2019年版】ニンテンドースイッチ期待の新作ソフトを発売日順に紹介します。全て予約可能なのでぜひチェックしてみてください。

2019.03.05