2つの投資スタイル。本来価値に賭けるか成長に賭けるか。

お勉強です。

投資関連の本によく出てくる「バリュー株」「グロース株」を調べてみました。

バリュー株とは?

バリュー株とは、何らかの理由で本来の企業価値よりも割安と評価されている株式のこと。

現時点で安い株価が、適正価格に戻ることを期待して投資する。現時点で安いためそこから更に株価が下がるリスクは比較的小さい。あくまで適正価格に戻ることへの期待のため、それ以上の株価上昇は期待していない。(期待してないだけで上がることはもちろんある)ローリスクローリターン。PER、PBRという指標に着眼して投資判断をする。

本来のポテンシャルを発揮できていない企業に投資するということと理解しました。ポテンシャルが発揮できていないのか、単純に実力不足なのかを読み間違えると大変なことに。

きっかけさえあれば戦闘力が増える企業に投資しましょう。ヤムチャではなく、孫悟飯に投資しましょう。例えがクソわかりずらい。

グロース株とは?

バリュー株とは、売り上げや利益の成長率が高く、株価の上昇が期待できる株式のこと。

現在の株価が高いかどうか(割高かどうか)は関係なく、成長するかどうかに注目する。既にある程度評価されているがゆえ、期待通りに成長しなかった場合、株価が下がるリスクが大きい。 売上、利益に着眼して投資判断をする。

どちらのスタイルを選択するか。

さて、バリュー株に投資することをバリュー投資、グロース株に投資することをグロース投資といいます。割安株に投資するか、成長株に投資するか、という投資スタイルです。

いままで僕が銘柄を選ぶ際は、ただただ割安株を選んでいました。自然とバリュー投資をしていたことになります。今後はバリュー株なのか、グロース株なのか自分なりの分析をしながら投資に励みたいと思います。

慣れるまではリスクが低い孫悟飯株をメインに攻めていこうかな….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です