銘柄選びの基本となる視点3つ

投資やお金関連の勉強を始めてぼちぼち。

ド素人が投資を始めようと思った5つのきっかけ – 遊びたいのだが。

たくさんの本を読んで知識をつけるのはいいけど、、、紹介されている投資法を実践できていない。。。習うより慣れろ、まずは人の真似をすることから始めよう。

※おすすめの銘柄を何も考えずに購入はしないようにします。まねるのは考え方だけ!

自分の意志なく、投資をしてしまうのが一番怖い。。。

てことで、こちらの本から投資法を学び実践しております。

銘柄選びの基本となる視点。

「優待面」「資産面」「収益面」の3つの視点から総合的に考えて企業価値を大まかに推測し、その企業価値と現状の株価とを比較して割安と思える株を購入することを心がけています。

この3つの大きな視点を整理して自分の中に持っておくと、自分に合っているのはどのような特徴を持った企業への投資なのかが把握しやすくなってくると思います。

すべての面において最高の条件の銘柄など通常は存在しないことから、大きな視点で投資対象の魅力を見出すことが重要です。

それぞれの特徴はこんな感じ。

優待株:魅力的な株主優待のある株式。値下がりリスクが小さくなる傾向がある。

資産株:企業が保有している純資産の価値から判断して割安な株式。

収益株:企業が毎年計上する利益の価値から判断して割安な株式。

魅力のある銘柄に投資しよう!

その銘柄のどんなところに魅力を感じたか、それを明確にしたうえで投資をしましょう。

その魅力のポイントとして、「優待面」「資産面」「収益面」という視点を持っておくと、投資判断する際に役に立ちます。

収益株としては魅力を感じないけど、優待面に魅力があるから買う!と判断した。もしその後、優待が改悪となった場合、魅力がなくなったと判断し売る決断をすることができます。

購入後もこの3つの視点から分析を続けることが大事なのかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です