お金の勉強がめちゃめちゃ楽しいから、みんなも勉強しようぜ!

最近、改めてお金の勉強を始めた。

 

少し前に個別株への投資を始めたのだが、いまは主に投資信託やロボアドバイザーといった勉強をしている。

お金は面白い

お金の勉強は、面白い。お金は硬貨であり、もっと昔では金であり、小麦であり、目に見える物体だ。しかし現代においては、仮想通貨なるものが登場するくらい、目に見えないものになった。

 

目に見えない、ただの数字なのになぜこんなにも面白いだろうか。

 

当然だが、お金には価値がある。だから人々はお金を欲しがり、時には争いごとを招いたりする。それだけの価値がある数字だから、面白いのだ。これがなんの価値もない数字だったらつまらない。

 

億万長者になりたいとか、宝くじでドリームジャンボ当てたいとか、そういう気持ちはない。この価値ある数字が動くのをみるのが楽しいし、どんなときに数字が動くのかを知るのが楽しい。

 

そしてもちろん、得たお金を上手く使うのが楽しい。

お金を勉強したきっかけ

僕がお金を勉強し始めるきっかけとなったのは、結婚だった。

お恥ずかしいことに、それまでは全く何も知らなかった。『利息』の意味もよくわかってなかったし、銀行預金に利息がつくことも知らなかった。(実質、利息はないに等しいが…)

 

妻から、会社の退職金制度で採用している確定拠出年金を見直すよう言われた。それまでは、ノーリスクの定期預金を100%購入していた。今思えばクソもったいなかったのだが、僕はそのくらい何も知らなかった。

 

さらに言うと、会社に出入りしている保険会社のお姉さんから言われるがままに生命保険と個人年金保険に加入してしまった。社会人2年目のことだ。

 

近々、生命保険は自分に必要なだけの保障に見直しをする。個人年金保険は、元本割れしてしまうが解約する。長期でみれば、他に投資したほうがお金は増えると見ている。それに、必要以上の年金はいらない。僕は死ぬまで働きたい。

 

それから僕はライフネット生命創業者の出口さんの著書『マンガでわかる! お金の基本』を読んだ。これが僕のお金の勉強の第一歩だった。

 

漫画だから読みやすく、かつお金の本質とはなにかを教えてくれ、いままでどれだけ無知だったかを知った。あと、イラストがとてもカワイイ。

お金に興味を持つタイミング

僕は結婚を機にお金に目覚めた。

有名ブロガーの方が積極的に投資されていることもあり、お金に興味を持ちやすい時代になった気がする。

 

お金に目覚めるきっかけは人それぞれである。親が経営者だったりすると、子供の頃からお金に関する教育を受けることもあるかもしれない。

学校で教えてくれないから自分で勉強しよう

日本の学校ではお金のことを教えない。少なくとも僕はそうだった。

なぜ教えないのだろうか?生きる上で重要かつ、死ぬまで付いて回るであろうお金についてなぜ教えないのか?

 

しかもお金の勉強は楽しい。僕は学校は好きだったが勉強は好きじゃなかった。お金の授業があればきっと勉強を好きになってたと思う。

 

このブログを学生の方が読んでくれているかわからないが、お金の勉強をして損をすることはないから、勉強しておいたほうがいい。てゆーか、楽しいよ!

 

お金の勉強といっても、会計とかから入るとつまらなくなりがちだから、投資について勉強してみるといい。

僕は学生のころに会計の資格をとったが、今はもう1ミリも勉強したことを覚えていない。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です